FC2ブログ

寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

初地蔵

歳の深縁 「毘沙門天・吉祥天祈祷」  受付中

1月15日ブログ参照


本日は、初地蔵。

日本全国どこにでも居て私たちを四六時中見守ってくれているお地蔵さま。

お姿もお優しく、心を和ませてくれます😌


私も大好きなお地蔵さま。

お地蔵さまの救ってくれるという範囲は広大です。


地蔵菩薩の功徳は、供養も祈祷もお手の物。

総合医のエキスパートといったところでしょうか。


行者は修法の際、修する神佛の事をよく知る事が第一歩。

この方は何が得意なのか。

修法の基本です。


相手の事をよく知り、何を頼むのか。

明確な思いで修法します。

曖昧では、曖昧な結果しか出ません。


合掌




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

初勢至菩薩

歳の深縁 「毘沙門天・吉祥天祈祷」  受付中

1月15日ブログ参照


本日は、初勢至菩薩。

この菩薩の法を修し、拝み始めたきっかけはある天部尊の本地が勢至菩薩だったことが始まりです。

ある天部尊の本地。

これは、小野方不供の伝により伝わる口訣です。


神佛とは、どのような形でご縁をいただくかは分かりません。

思いもよらないところから来る事もある。

欲しすぎるとやって来ない。

その思いは神佛にはお見通しです。


いただいたご縁は大切にし、次へ伝える。

行者の使命です。


以前にも書いていますが、勢至菩薩の法は素晴らしい。

智慧の光をもって生あるもの一切全てを照らし、無上の力を得させる。

また餓鬼、畜生、地獄の三悪道から救い、臨終には来迎して極楽へ引導してくれる。

もっと多くの行者が修法するべき法かと思います。


こういった埋もれた法は多い。

私如きがどうこうとできることではありませんが、幸いにも法を修法することはできます。

その後のことは神佛の思し召し。

私に唯一出来る事。

コツコツと修法を重ねます。


合掌




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

初鎮守供

歳の深縁 「毘沙門天・吉祥天祈祷」  受付中

1月15日ブログ参照


本日は初鎮守供。


20220127004617bc8.jpeg


初荼枳尼天です。


20220127004624032.jpeg


荼枳尼天供は、今時の東密ではあまり見かけません。

しかし多くの鎮守は荼枳尼天です。

稲荷と称していてもその真相は荼枳尼天ということが多々。

密教において祀っているにも関わらず、供養法にて供養しないという事は本来はあり得ません。

とくに鎮守という存在は、密教寺院にとって最も大切な存在。


密教寺院を建立する際、最初に祀るのは鎮守神です。

それから本堂を建立し、本尊。

これはお大師さまが高野山を開創された時からです。

その鎮守を供養法をもって供養しなければ、先の繁栄はあり得ないと伝わります。


東密でも幾つか荼枳尼天供の次第が伝承されています。

そういったお次第とのご縁あり、授かりました荼枳尼天供。

大切に鎮守供養のため修法させていただいています。


合掌




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

初大師

歳の深縁 「毘沙門天・吉祥天祈祷」  受付中

1月15日ブログ参照


本日は初大師。

早いもので年が明けて二十一日です。


20220127001631185.jpeg


弘法大師法。

この法は、阿闍梨の見解により異なると云っても過言ではないかと思います。

当たり前ですが、儀軌にない。

なので本来であれば有ってはいけない法なのかもしれません。

只、師を敬うことは僧侶として当然のこと。

先師さま方のお大師さまを拝みたい。

そういった思いから数々の大師法という次第があります。


時々この法について、正否を聞かれます。

その答えは、どちらも正解。

私はそう思います。

儀軌にない法として思いも正解。

先師さま方が伝えた法として大切に修し、伝えるのも正解。


大事なのは、お大師さまを敬い感謝する。

報恩謝徳する事かと思います。


合掌




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

四種護摩供の加持物

歳の深縁 「毘沙門天・吉祥天祈祷」  受付中

1月15日ブログ参照


護摩供の加持物について聞かれましたので少し書いておきます。

息災護摩供の加持物は、白胡麻。


202201251544516bf.jpeg


この白胡麻は、洗い胡麻を用います。

煎り胡麻では、ありません。


煎り胡麻は、どこでも売ってますが洗い胡麻はあまり売っているのを見かけません。

今時はネットで探せばいくらでもありますが、急な時に困る事もありますのでストックが欠かせません。

只、時々置いていますスーパーも見かけます。

行者にとって貴重なスーパーですね✨


増益の加持物は、お米と食紅があれば用意できます。

昨日書きました黄色く染めたお米。


20220125154506b64.jpeg


敬愛の加持物は、米粉で作った蓮華。

これは結構作るのが大変。

便法としては、赤く染めたお米を使う事もあります。


20220125155245162.jpeg


調伏の加持物は、黒菜種。


2022012515023600f.jpeg


これもネットで買えます。

調伏の加持物には、様々な口伝があります。

ちゃんとした密教の口訣として伝わるものもあれば、呪詛として俗的な思想から伝わるもの。

様々です。


重ねて書きますが、加持物は最も大切な供物。

いつでも四種の護摩供が修せるような準備は行者の嗜みです。


合掌




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/
プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR