FC2ブログ

寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

必要な事

「願いを満たし六道を救う・如意輪観音供養」 受付中

6月9日ブログ参照・受付数限定


「限定・水天供祈願」 受付中

5月8日ブログ参照・受付数限定


本日は吉祥天さまのご縁日✨


20190615185803042.jpeg


毎月8日15日は吉祥天さまのご縁日です😊

吉祥天増益護摩供を厳修し、皆さまからいただいておりますご祈願、祈祷いたしました。


20190616232953d8a.jpeg


吉祥天さまへのご祈願は常時受付いたしております。

ご希望がありましたらご気軽にご連絡ください。

御申込には下記の内容をご連絡お願いいたします。


○ お名前(必ずふりがな)

○ 生年月日

○ 郵便番号

○ 住所(必ずふりがな)

○ 電話番号

○ 願い事

○ ご費用一万円


・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック

・ TEL 052-625-2671


皆さまのご祈願、どこよりも丁重に加持祈祷、させていただきます。


8日のご縁日には吉祥天法。

9日のご縁日には吉祥天増益護摩供。

上記を如法に修法いたしております。


短時間で焚く護摩は見せる護摩。

正しく、如法に護摩を焚けば一時間以上は確実に時間を要します。

また、そんなに火が上がることはありません。

本尊段の百八支を供えている時が唯一炎が上がる以外、そんなには上がりません。

火が上がる程良い護摩と認識されています方をたまにみかけますがそれは間違い。


護摩供は供養法に付いている修法。

最も本尊さまを丁寧に供養し、その功徳を100%発揮していただく法です。

本来その姿は、供養法から始まり、散念誦の大金剛輪を残し、入護摩となります。

護摩に入りましたら、火天段から始まり、部主段、本尊段、諸尊段、世天段と修し、終われば散念誦の大金剛輪から残すところの供養法を修法いたします。

日頃、このように如法の護摩を積み重ねていれば、月例祭や祈祷時の短い時間で焚く護摩にも効験は期待できます。

しかし、略した護摩ばかりでは、もはやそれは見せるだけの護摩。

もし、これで効験が出れば、それは神佛へ法の借金をしたとなり、後ほど返さなければ業となります。

もしくは、行者の命、寿命を削って法と成しております。

この事は、行者のみで終われば自業自得ですが、祈願する施主にも同様の業が生じてしまいます。

祈祷や供養、葬儀は、していただく行者を慎重に選ばなければいけません。


当院ではこういった事を踏まえ、自身、施主双方の事を考え日々、修法に励ませていただいております。


祈祷、葬儀、法事。

どれも人の都合によって必要な事がどんどん削られています現代。

正しい事を正しく、必要な事は必要と伝えていけたらと常々想い、神佛と向き合っております。


合掌




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

正しい天部尊の信仰

「願いを満たし六道を救う・如意輪観音供養」 受付中

6月9日ブログ参照・受付数限定


「限定・水天供祈願」 受付中

5月8日ブログ参照・受付数限定


昨日からの続きでお供えの事。

天部尊のお供え、壇荘厳は聖天供が基本と学んでおります。

例えば、他の天部尊を丁寧に拝む時には聖天供と同様に壇を荘厳する。

このことは、浴油供に供える 「羅・団・酒」 の本義を心掛けていれば自然と頷けます。

後もう一つ。

天部という存在を理解する。

そうすると 「羅・団・酒」 の供えが天部尊に共通して必要なことがわかります。

聖天さまは大根が好きでお供えしてると思っているようでは、天部尊の修法の本来の姿はみえません。


何度かブログでも書いておりますが 「羅・団・酒」 は三毒の表示。

天部尊が大好きで供えている訳ではありません。

三毒とは、解脱に最も克服すべき根本的な煩悩。

「貪・瞋・癡」 です。

貪り、怒り、迷う。

この事を戒めているのが 「羅・団・酒」 の供えとなります。

大根やお酒やお団を美味しくいただいていると思うのは大間違い。

そういう思いで拝む天部尊は実類。

悪魔の心を持った姿です。

阿闍梨が拝む天部尊は権類。

大日如来の化現です。

悪魔を拝む行者は、いつしか悪魔になると伝授の際、大阿さまが仰っておりました。

佛法を守るために帰依したのが護法善神。

その心の奥底にある 「悪心」 を呼び戻すのも行者次第。

この事から基本、天部尊の行法では教令し、佛法守護以外に祈願はしない事になっております。

俗人の我を示す事で元々の思い 「悪心」 を目覚めさせるきっかけとなるからです。

俗的な祈願をするのであれば、金剛薩埵となり、教令する事が自信を持ってできることが前提。

東密の行法は、これが基本ベース。

いつでも金剛薩埵となれるよう、日々行法を積み重ねます。


正しい天部尊の信仰。


これをご縁あります方々へ伝えていけますよう精進したいと思います。


合掌




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

お供えにバナナ🍌

「願いを満たし六道を救う・如意輪観音供養」 受付中

6月9日ブログ参照・受付数限定


「限定・水天供祈願」 受付中

5月8日ブログ参照・受付数限定


本日は巳の日。

辯天さまのご縁日😊


20190613232949171.jpeg


お供えは、リンゴ🍎に純米大吟醸🍶

昨日、ご遠方よりご相談に来られた方からのお供えです。


20190613232949008.jpeg


このリンゴなら大丈夫、酸っぱくないはず😊

昨日書きました天部尊の喜ぶお供え。

基本駄目なのは柑橘系。

リンゴは大丈夫ですが、たまに酸味の効いたものがあります。

リンゴ好きにはこの酸味が絶妙にあった方が美味しいと言われますが天部尊に不必要。

酸味なく、甘みが好みかと思います。


時折思うのですが、天部尊は供えて欲しいものを自ら引き寄せているかのように観じます。

私の不甲斐無さを知って自給自足しているのかもしれません😅

美味しいお酒が呑みたかったのか❓

お酒も私が供えるものよりも上等品です✨

いつもお供えいただいております皆さまに心より感謝申し上げます🙇‍♂️


昨日お問い合わせがありましたので行法の供えについて少し書いておきます。

一座の行法の供えに一面器の閼伽、塗香、華鬘、焼香、飯食、灯明、瓶華に丁寧には、汁、餅、菓を供えます。

もっと言えば飯食は大佛供、小佛供などとなります。

この時の 「菓」 は、果物ではなく、昨日書きました通り 「木の成りもの」 。

果物とは限りません。

榧の実、栗といった物も含みます。

柑橘系を除きますので、果物であれば、柿や桃、林檎、枇杷。

たまにバナナはどうか❓

と、思うことがあります。

バナナは明治になってから日本に入ってきましたので、古い聖教等には出てきません。

では、インドではどうだったか❓

昨年、マレーシアに行かせていただいた際、多くの寺院でバナナを供えていますのを見かけました🍌

実際、供えてみた観じから言いますと、ありのような気がします。

あくまでも私的な思いですが😅

柑橘系でなく、木の成りもの。

今のバナナは甘みもタップリ。

供えの条件は十分に満たしております。


今時はいつでも手に入りますバナナ。

代替えがない時の案として用いてもよいのかと思います。


合掌




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

天部尊が喜ぶ供(そなえ)

「願いを満たし六道を救う・如意輪観音供養」 受付中

6月9日ブログ参照・受付数限定


「限定・水天供祈願」 受付中

5月8日ブログ参照・受付数限定


昨日お供えにいただきました枇杷。


201906112013564c3.jpeg


これは吉祥天さまのご縁でいただきました😊

ですので吉祥天さまにお供え。


20190611201357fd8.jpeg


吉祥天法を修法し事供養によって直接、いただいて貰いました。


201906120845523f0.jpeg


枇杷は天部尊にとって最高のお供えです✨✨✨

天部尊が喜ぶ供えの心得の一つに、酸味のない木の成りものという伝えがあります。

曼荼羅供の供えの口訣に汁餅菓の菓に酸味があるものは供えるなとあります。

酸味、要は酸っぱいものは駄目だということです。

昔、ある阿闍梨さんがこんなことを言ってました。

気に入らない行者を降伏するのに、聖天堂いっぱいにレモンを供え、聖天さまの怒りを行者に与えると。

実際にしているようで、相手が苦し悶えてる姿を見たと言って笑っていました。

呪詛の返しにも効くと言っていたのを印象深く覚えています。


この話が本当ならば、やはり酸味が嫌いなのでしょう。

そう考えますとやはり 「枇杷」 は最高のお供えです。


木の成りものであり、酸味がなく、美味しい😊


枇杷は今が時期です。


天部尊とご縁があります方は一度お供えしてみては如何でしょうか。

お喜びいただけるかと思います😊


合掌




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

週初めの浴油供

「願いを満たし六道を救う・如意輪観音供養」 受付中

6月9日ブログ参照・受付数限定


「限定・水天供祈願」 受付中

5月8日ブログ参照・受付数限定


今月は週初めに浴油供をしています。


20190611201331e91.jpeg


今週も昨日本日と浴油供を厳修いたしました。

浴油供が足りてると良いですね😊

何が良いのかは言葉では説明できませんが、その他の修法のリズムとでもいいましょうか。

何となく安心して他の修法できるように思います。


浴油供は他の修法と比べ、準備や片付け、時間は要します。

決められた一日という時間の中、他に余裕がなくなるはずですが何故か心に余裕ができる。

「縁の下の力持ち」

これが聖天さまの効験の一つ。

とても力強く支えられているように観じます。


どんな事にも共通して言える大切な事。

「目に見えない処へ目を向ける」

一見、遠回りのようで実は一番の近道。


本当に大切な事を見極める。


これは、修法にも言えます。

本当に大切な事をしっかりと見極め、祈っていきたいと思います。


合掌




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/
プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR