寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

月末の星供養・神供

毎月月末は星供養・神供です。


fc2blog_201609011620265b9.jpg


早朝より星供養、夕暮れより神供を厳修いたしました。


明日から9月1日、正五九の月です。

9月の「世界各国子供守護 無事成長祈願会」は早朝より「訶利帝母増益護摩供」を厳修いたします。

世界各国の子供たちを守護いただき、無事成長していきますよう、心よりご祈願いたします。合掌

山中の神々

墓参りのため実家に定期的に帰省しますが、実はこの実家に蓮龍院、熊野別院の建立を念頭に置き度々帰省いたしております。

お大師さまが立里へ詣り、四社明神を祀り高野山を開いたように、本尊さまをお祀りするにはまず、その土地の神々を祈ることが必要です。

神々に受け入れられて初めて本尊さまをお祀りできます。

実家の墓は山の裾野(結構傾斜面ですが)にあり、そこから山の上に向かって一本の道があります。

今は荒れ果て、人が通るのには結構困難な道となっていますが、今まで気にならなかったその道が気になり今回初めてその道を上がっていきました。


fc2blog_20160817112720e3f.jpg


20分程でしょうか、途中道無き道となっていましたが登っていきますと鳥居を発見。


fc2blog_201608171127434fe.jpg


fc2blog_20160817112838020.jpg


その先には御神体であります大きな岩を発見いたしました。


fc2blog_201608171128153c6.jpg


何かここに呼ばれて来たように感じます。

今日は手を合わせ、ご縁に感謝の気持ちを伝え山を降りました。

帰りの山道、行きは夢中で登ったので気がつきませんでしたが、かなり急な道です。


fc2blog_20160817112907740.jpg


ゆっくりと一歩一歩確実に降りて行きました。

日本では古来より自然を信仰してきました。

この信仰が山を川を海を自然を大切にする心の優しさに繋がっていくと感じます。

そしてこの自然を大切にする心は人を大切にする心に繋がっていきます。

現代では中々自然と触れ合う機会が少ないように感じますが、何かのきっかけに自然に触れてみてください。

自然に身を置くことで何かを感じることができるかと思います。合掌

不動縁日

本日は28日、お不動さまのご縁日です。

今月も無事、ご縁日を迎えられたことに感謝の気持ちを込め、早朝より不動五段護摩を修しました。合掌

お不動さまのご縁日には息災の護摩を焚きますが、お不動さまの本誓であります「調伏」の護摩を焚くこともあります。

何度かブログでも書いておりますが「調伏」=「呪い」ではありません。

自国に起こる国難に対し伏す修法です。

「調伏」とは、字の如く「調え伏す」法です。

悪人にはその悪心を調え伏すのであり、その者を滅ぼす法ではありません。

しかし間違った想いで修法すれば、その効験は破壊に転じます。

「調伏」や「敬愛」の法は、修法する行者の「正き心」が必要と考えます。

正しく修すれば国を守る法になりますが、使い方を間違えますと国を滅ぼす法となってしまいます。

これはどんなものにも言えることで善と悪は常に背合わせ、良きものは使い方により善にも悪になります。

「調伏」や「敬愛」の法を正しく伝えることも阿闍梨としての役目の一つです。

より多くの密教とご縁あります行者さまがその法を恐れず、正しく修法しますこと祈り、各修法に勤めていきたいと思います。合掌

熊野大花火

私の実家は熊野の田舎です。

今年は日程が合い、全国でも有名な熊野大花火とのご縁がありました。

三百年もの伝統を誇るこの花火、熊野市にあります極楽寺さまのお盆の初精霊供養が起源とされています。

お盆に行われる行事のそのすべては精霊供養のためです。

先日ブログに書きました通りお盆休みは夏休みではありません。

盆に精霊を向かい入れ供養する、熊野大花火ではまず最初に精霊供養から始まります。

単に花火を楽しむのではなく、本来の趣旨をしっかりと忘れず、その趣を感じることができます。

私自身も手を合わせ暫しの間、黙祷いたしました。

そして向かい入れた精霊と共に花火を堪能することができました。

その光景を皆さまにもお分けしたいと思います。





やはり動画では実際の感動をお伝えすることは難しいですが少しでもその素晴らしさを感じていただけましたら幸いです。合掌

新鹿辯才天

先日、実家にお墓参りに行った際、隣町の山中に祀られています辯天さまのお詣りに行ってきました。

実家に戻った際には必ずお詣りさせていただいております辯天さまです。


fc2blog_2016082411451729a.jpg


道中約40分程、山を登りますと瀧の麓にお祀りされており、御神体は瀧となります。


fc2blog_201608241145145db.jpg


ここで辯天さまの一印法、摩尼秘法を修しご法楽、外の社にお詣り、瀧を拝んで下山です。

村の方に聞いてみると結構昔からあったようですがその歴史等はわかりません。

拝んでいますと、ずっと村の海を山を見守り続けた感じが伝わってくる感じがします。

講社もあることから長年守られてきていることがわかりますが、これからも村の鎮守さまとし、自然の力に感謝し、守り続けてもらえますことお祈りいたします。合掌


fc2blog_20160824114515cea.jpg


毎日お堂の中で大壇を前に修法するのも良いですが、自然の中でする修法は、その力をダイレクトに感じることができ、普段の修法に大変生きてきます。

山に入り瀧にうたれる、入峯修行に瀧行、こういった修行は密教行者として密教を修するのに大きな経験となります。

あくまでも山に感謝し、瀧に感謝、自然に生かされていることに感謝の気持ちで接することを忘れす、常に「ありがとう」の気持ちを持って修行させていただきたいと思います、合掌

平成28年9月予定

9月は秋のお彼岸です。

お彼岸ではお盆同様に皆さまからいただきましたご供養、心を込め密教行者として最高の法を持って丁重にご供養いたします事お伝えいたします。合掌


9月の予定

・ 1日    世界各国子供守護 無事成長祈願会(訶利帝母法)・大般若祈祷会
        ※ 正五九は訶利帝母護摩供
・ 2日    早生・不慮・童子童女供養会(光明真言法)
・ 6日    大徳明王調伏護摩供(五段護摩)
・ 8日    釈迦如来供(釈迦法)
・11日    東日本大震災慰霊供・復興祈願(光明真言法)
・19〜25日 秋彼岸先祖供養
・26日    太元帥明王供
・28日    不動護摩供(五段護摩)
・30日    星供養・神供

・その他 子の日:大黒天神供
     寅の日:毘沙門天供
     巳の日:辯才天供
     亥の日:摩利支天供(月の初亥日)

毎朝のお勤めでは当院本尊様でありますお不動様を不動法にて御供養いたしております。夕方は理趣経をお唱えしております。

ご参拝、御一緒に御修行をご希望の方は事前にご連絡ください。

※聖天様の浴油供、大黒天神様の浴餅供、辯才天様の浴酒供の御詣りはできませんがそれ以外の御詣りは大歓迎です。

連絡先 ↓↓↓

---------------------------------------
桶狭間辯才天 蓮龍院
メールアドレス support@renryuin.jp
TEL 052-625-2671
---------------------------------------

密教には仏様の数だけその拝み方、行法があります。
密教の世界をご一緒に堪能ください。

仏様とのご縁が結ばれます。合掌

お盆

お盆中は自坊の檀信徒さま、ご縁あります方々の精霊供養の他、他所のお盆参りのお手伝いをさせていただきました。

他所のお寺さまとのご縁に感謝です。合掌

お参りの中、「お盆休み」についてお話しする機会が多くありました。

なぜ「お盆休み」があるのか?

「お盆休み」は「夏休み」ではありません。

今時では中々休みのない中、「お盆休み」は大変貴重なお休みです。

この間を旅行など有意義に過ごすことは大変良いことかと思います。

只、本来の意味を失ってはいけません。

お盆に休みがあるのは先祖の方々を迎え入れるため、そして墓に参り、仏壇に参る、それぞれが先祖を敬うためのお休みです。

先祖のいない人はいません。

「祖先敬慕は子孫の務め、子孫守護は祖先の悲願なり」

祖先に追善の法味を捧げれば子孫はこれを積善となし、祖先その功徳を受ければこれを余慶となします。

祖父祖母があり、父母がある、そして自分がある。

この敬う心こそが人の心の温かさに繋がっていくと感じます。

本来の意味を知って過ごすことは大変大切なことです。

「日本の心」を大切に皆さまが来年、再来年のお盆を過ごしていただけましたら幸いです。

現世安穏 後生得楽 合掌

早生・不慮・童子童女供養

先月から始めました「世界各国子供守護・無事成長祈願会」

祈るのは先の未来だけではありません。

「過去」があるからこそ今があり「未来」があります。

先の「未来」の子供達のために「過去」を祈らなければなりません。

そのためのご供養が「早生・不慮・童子童女供養」です。


fc2blog_2016051516032527c.jpg


檀信徒の皆さま、ご縁者の皆さまのお力によりお位牌を建立することができましたこと、心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。合掌

この世に生を受けながら、その人生をあまりに早く生き急いだ御霊、人道を外れた不慮に巻き込まれた御霊、そういった童子童女の御霊のご供養をいたしております。

ご供養した御霊は先の未来ある子供達を守る、大きな力になっていきます。

過去、現在、未来、三世を祈ることが一つの大きな力になる、どれも欠かせない祈りです。

加持祈祷の基本となります。

今だけを見ることのないよう、物事を大きく捉え、余すことのない祈りを心がけなければいけない、そんなことを改めて教えていただいたご供養でした。

先の未来ある子供達が幼くして亡くなる、不慮の事故などで亡くなる、貧困、飢えに巻き込まれることなく、全ての子供が幸せを感じることができますよう、このご供養を続け、勤めていきたいと思います。合掌

訶利帝母供

先月から祈り始めました「世界各国子供守護・無事成長祈願会」


fc2blog_2016080202111194b.jpg


その本尊さまは「訶利帝母」

子供を守護する事を本誓の一つとする天部尊です。

誰もが心を痛める幼子が犠牲になる事故や事件。

飢えで亡くなる小さな魂。

学校生活における問題。

子供を守り、無事成長を一心に祈るのが「世界各国子供守護・無事成長祈願会」です。

日々、日所作法により訶利帝母さまをご供養し、世界各国子供守護・無事成長をご祈願しております。

僅かばかりではありますが信念を持ち、祈っていきたいと思います。合掌

平成28年8月予定

今年もお盆の時期がやって参りました。

ご縁あります精霊をご供養できます事は大変ありがたい事であります。

皆さまからいただきましたご供養、心を込め密教行者として最高の法を持って丁重にご供養いたします事お伝えいたします。合掌


8月の予定

・ 1日    世界各国子供守護 無事成長祈願会(訶利帝母法)・大般若祈祷会
        ※ 正五九は訶利帝母護摩供
・ 2日    早生・不慮・童子童女供養会(光明真言法)
・ 3〜6日  お盆先祖供養 光明会(光明真言法 8座)
・ 8日    釈迦如来供(釈迦法)
・10日    甲子日 大黒天供
・11日    東日本大震災慰霊供・復興祈願(光明真言法)
・13〜16日 お盆先祖供養
・15日    己巳日 辯才天供
・17日    十一面観音供
・19日    桶狭間古戦場慰霊供(光明真言法)
・21日    弘法大師供
・22日    鎮守供(荼枳尼天供)
・23日    聖天浴油供
・26日    太元帥明王供
・28日    不動護摩供(五段護摩)
・30日    星供養・神供

・その他 子の日:大黒天神供
     寅の日:毘沙門天供
     巳の日:辯才天供
     亥の日:摩利支天供(月の初亥日)

毎朝のお勤めでは当院本尊様でありますお不動様を不動法にて御供養いたしております。夕方は理趣経をお唱えしております。

ご参拝、御一緒に御修行をご希望の方は事前にご連絡ください。

※聖天様の浴油供、大黒天神様の浴餅供、辯才天様の浴酒供の御詣りはできませんがそれ以外の御詣りは大歓迎です。

連絡先 ↓↓↓

---------------------------------------
桶狭間辯才天 蓮龍院
メールアドレス support@renryuin.jp
TEL 052-625-2671
---------------------------------------

密教には仏様の数だけその拝み方、行法があります。
密教の世界をご一緒に堪能ください。

仏様とのご縁が結ばれます。合掌

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR