寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

平成28年10月予定

朝夕が涼しくなり、そろそろ衣替えの支度をする季節となりました。

秋という季節を感じ、神仏と向き合っていきたいと思います。合掌


10月の予定

・ 1日 世界各国子供守護 無事成長祈願会(訶利帝母法)
     ※ 正五九は訶利帝母護摩供
・ 2日 早生・不慮・童子童女供養会(光明真言法)
・ 3日 聖天浴油供(13、23日聖天華水供)
・ 6日 大徳明王調伏護摩供(五段護摩)
・ 8日 釈迦如来供(釈迦法)
・ 9日 甲子 大黒天神護摩供
・11日 東日本大震災慰霊供・復興祈願(光明真言法)
・14日 己巳 辯才天護摩供
・15日 院内精霊回向(光明真言法)
・17日 十一面観音供
・19日 桶狭間古戦場慰霊供(光明真言法)
・21日 弘法大師供
・22日 鎮守供(荼枳尼天供)
・26日 太元帥明王供
・28日 不動護摩供(五段護摩)
・30日 星供養・神供

・その他 子の日:大黒天神供
     寅の日:毘沙門天供
     巳の日:辯才天供
     亥の日:摩利支天供(月の初亥日)

毎朝のお勤めでは当院本尊様でありますお不動様を不動法にて御供養いたしております。夕方は理趣経をお唱えしております。

ご参拝、御一緒に御修行をご希望の方は事前にご連絡ください。

※聖天様の浴油供、大黒天神様の浴餅供、辯才天様の浴酒供の御詣りはできませんがそれ以外の御詣りは大歓迎です。

連絡先 ↓↓↓

---------------------------------------
桶狭間辯才天 蓮龍院
メールアドレス support@renryuin.jp
TEL 052-625-2671
---------------------------------------

密教には仏様の数だけその拝み方、行法があります。
密教の世界をご一緒に堪能ください。

仏様とのご縁が結ばれます。合掌

彼岸先祖供養結願

先日25日に秋の彼岸先祖供養、光明真言法十四座を無事結願いたしました。

日に二座の光明真言法と理趣経、夕暮れの施餓鬼供養にて丁重にご供養いたしましたことご報告いたします。合掌

両界曼荼羅を荘厳し修法します光明真言法。

結願したにもかかわらず、何故か足りない感じがしていました。

そんな中、今回は彼岸が終わりました翌日の早朝、4時に自坊を出立し師匠のお寺へ行き、高知に随行させていただきました。


fc2blog_201609292038177e1.jpg
(道中淡路SA)


高知での目的は土地のご供養です。


fc2blog_20160929203818eca.jpg


師匠導師のもと、兄弟子と一緒に「光明三昧会」にて土地を供養、御霊に引導を授け、施餓鬼供養をいたしました途端、気持ちの中にありました足りない感じがスーッと抜けていきました。

「供養」

一言で言うのは簡単ですが、その重みは果てしなく尊い、心なくては携わることのできないものです。合掌

彼岸中日

本日は彼岸の中日、秋分の日です。

彼岸は春分の日、秋分の日の前後三日間の七日間です。

彼岸とは「波羅密多」から来たものといわれ、煩悩と迷いの世界である「此岸」(現世)で「六波羅蜜」の修行をし「悟りの世界」である「彼岸」の境地へ到達することが出来るというものです。

太陽が真東から昇り、真西に沈む、昼と夜の長さが同じになる日のことを「春分の日」「秋分の日」といいます。

彼岸中、仏さまをご供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると言われております。

残すところ彼岸も後三日、皆さまからいただいておりますご供養、より丁重にいたしたいと思います。合掌

彼岸先祖供養開白

本日、秋の彼岸先祖供養、光明真言法を開白いたしました。

皆様からいただきましたご供養は今日から七日間、より丁重にさせていただきます。


fc2blog_201609192107160eb.jpg


期間を設けて供養や祈祷を行う場合、必ず一座目に作壇作法を行い、表白をお唱えします。

そして最後の座には結願の作法をし、感謝の気持ちをもって佛布施等のお供えを加え、破壇作法を終えてその祈りの成満と成ります。

結願の作法を始め、作壇、破壇の作法は普段から用いて修法していなければいけない大事です。

また佛布施など、各流でその作り様が異なるものも、普段から心がけておく事が必要です。

「佛布施」は佛菩薩に供養する衣類のことで、近代では奉書等の紙をもってその意を表していますが、本来は絹、木綿の布を用いていました。

本軌は大日経・具縁品。

作り方、修法時の供え方、實修していくことで身についていきます。

真言行者はこういったことを怠らないことで真の加持力を発揮すると考えます。

より丁寧な供養を、祈祷を、御霊に応え、施主に応える。

一座、一座を大切に祈り、彼岸中のご供養に勤めます。合掌

八千枚供

先日、伝授を受けました「八千枚供」

先、伝授の許可印明、そして「八千枚の秘印明」を授かります。


fc2blog_201609151210032b9.jpg


この秘印明は通常の不動法に用いることありと習っておりますので毎日のお勤めであります常の不動法、また不動護摩供にも用いております。

「八千枚供」の本拠は「不動法二重」でお話しいたしました「金剛手光明灌頂経最勝立印聖無動尊大威怒王念誦儀軌法品 不空訳」です。

この儀軌に書かれていますことのみでは実際に修法することが困難な故に、多くの阿闍梨さまが「八千枚供」を修行し易いように整えてくれています。

本尊段での「八千枚供」の事、とくには先行の事など詳しく口決してくれています。

儀軌を読み、どうすればよいのかを考え整えるのが阿闍梨の役目でもありますが、こうして整え、伝えてくれることでより多くの阿闍梨が修行しやすいようにしてくれていることは大変有り難く感じます。

またこの法を途切らせないことにも繋がっていくかと思います。

昔と比べ、今の時代は多くの事を学べ、多くの書を読む事が出来ます。

先人の方々が後の世のために残してくれたもの、それは「宝」です。

この「宝」を絶やす事なく、正しく伝えていかなくてはいけません。

また阿闍梨が授かりし法を伝えることは佛さまとのお約束です。

それぞれ自身で出来る形を考え、授かった法を後の世に残し、お大師さまの思い、「鎮護国家」「鎮国利民」のため祈っていきたいと思います。合掌

秋のお彼岸 先祖供養

秋のお彼岸の先祖供養(回向)のお知らせいたします。

・9月19日〜25日

当院では上記期間中、日に二座、光明真言法を厳修し、夕暮れの施餓鬼にて檀信徒、縁者さま、お申込いただきました皆さまの先祖代々精霊、又は志すところの精霊をご供養いたしております。日々の行法に加え供養中、光明真言法で加持いたしましたお土砂は供養をお申込みいただきました皆様にお分けいたしております。

ご供養をご希望の方はご連絡ください。

・ メールアドレス : support@renryuin.jp
・ 一霊位 : 三千円


fc2blog_201512311903502c0.jpg


この「光明真言法」は胎蔵大日如来を本尊とし、光明真言に具わる滅罪正善の功徳力を賛嘆供養するための行法です。

「光明真言法」の本拠は菩提流支訳「不空羂索経・灌頂真言成就品」並び不空訳「不空羂索光真言経」の二経です。

「不空羂索光真言経」に「若し衆生十悪五逆四重の諸罪を造り身壊命終して諸悪道に堕するに、この真言を以て土砂を加持すること一百八遍して亡者の死骸の上或いは墓上に散ずれば、亡者地獄中或いは餓鬼中に堕すといえども、不空毘盧遮那如来真実本願大灌頂光真言加持土砂の神通威力を以て、時に応じて即ち光明の身に及ぶを得て、諸々の罪の報いを除いて所苦の身を捨て、西方極楽国土に往いて蓮華化生の菩提に至り、更に堕落することなし」とあります。

私はこの文中に光明真言法と加持された土砂の功徳力が語り尽くされているように感じます。

この「光明真言法」を以てのご供養(ご先祖様、水子様、また志すところの精霊)をご希望の方はご一報ください。


蓮龍院ではより丁重なご供養を如法にいたしております。合掌

不動法二重

先日伝授を受けました不動法二重。

何度か伝授の機会をこれまでにいただいており、お不動さまのご縁日、病気平癒の祈祷などに用いています。

この「不動法二重」を学ぶことで一番わかることは、「通常の不動法」をより完成させるためには欠かせないのが「不動法二重」です。

「不動法二重」を学ぶことで「通常の不動法」が完成いたします。

当院の本尊さまは、お不動さまです。

在家のときからのご縁であり、私の信仰の初まりはお不動さま、根っからの不動行者です。


fc2blog_20160915121004b11.jpg


この「不動法二重」は、「三憲の秘法とし、誰にでも授けることあらず」と学んでおります。

また「不動法二重」とは、通称であり、常の不動法に対し二重とあります。

不動法の主となる本説は

・金剛手光明灌頂経最勝立印聖無動尊大威怒王念誦儀軌法品 不空訳

通称、「立印軌」またこの他、

・底哩三昧耶不動尊威怒王使者念誦法 不空訳

・底哩三昧耶不動尊聖者念誦秘密法 不空訳

・不動使者陀羅尼秘密法 金剛智訳

・聖無動尊安鎮家国等法 失訳

などがあります。

次第は九種別行立となり、十四根本印、十九布字観を用いて実際にお不動さまを作り上げていきます。

道場観、入我我入や本尊加持、その他にも多くの秘事があり、まさに「秘法」です。

密教には様々な多くの「秘法」が存在します。

こういった「秘法」とのご縁、出会えたこと、学べたことに感謝し、本尊さまを拝んでいきたいと思います。合掌

高知伝授会

先日三日間に渡る高知での伝授会、今回も師匠の随行として参加させていただきました。


fc2blog_20160915120757f1a.jpg


毎回、手厚くおもてなしをしていただきます岩本寺さまに感謝の気持ちで一杯です。

岩本寺さまでは行くたびに、人の心の温かさをいただけます。合掌

また多くのお遍路さんのお詣りは、様々な宗教の壁を越えたお大師さまの深い信仰を感じさせてくれます。


今回の伝授内容は「八千枚供」「不動法二重」でした。


fc2blog_2016091512080060d.jpg


「八千枚供」「不動法二重」は、以前から二度三度とご縁をいただき受けさせていただいておりますが、同じ伝授を重ねて受けることは大変勉強になります。

受ける度にその感じ方は様々で次に伝えていくための学びにも繋がっていきます。合掌

東日本大震災復興祈願

毎月11日は東日本大震災の早期復興祈願です。


fc2blog_20160911150310e35.jpg


人の記憶は良くも悪くも時間と共に薄れていきます。

「コツコツと続けていく」

これはどんなことにも当て嵌まります。

続けていくことが血となり肉となり、やがて結果を生み出します。

目に見えること、目に見えないこと、関係なくその結果は出ます。

震災前よりも東北が活性化し、その土地に住む方々が不安を感じることなく幸せな生活をすることができる、そんな日が1日でも早く訪れますよう祈っていきます。合掌

三寶院流憲深方一流傳授会

先日2日間、三寶院流憲深方一流傳授会に行ってきました。


fc2blog_20160908122916750.jpg


今回は前会からの不動護摩供の続き、そして「薄草紙」「秘鈔」の伝授です。

「薄草紙」「秘鈔」は三寳院流聖教の中にある諸尊法を集成したもので、三寳院流のお次第を整えるには基本、「薄草紙」「秘鈔」を用います。

これに「薄草紙」「秘鈔」の口決が載る「乳味鈔」を用いてお次第を仕上げます。

三寳院流を法流とする寺院には欠かせません。

こういった資料は伝授を受けなければ目を通すことは仏さまの世界の法律によって許されておりません。

何度かブログで書いております「越三昧耶」という重罪となります。

各流の一流伝授を受けるご縁は中々あるものではなく、大変貴重なご縁です。

こういったご縁に感謝し、その学びを後世に正しく伝えていきたいと思います。合掌

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR