寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

ご縁

本日はSNSでご縁いただきました方からのご依頼で神奈川へ。

途中、快晴の富士山を遥拝いたしました。


fc2blog_20170501010652db9.jpg

fc2blog_20170501010709203.jpg


足柄のサービスエリアです。


fc2blog_2017050101071951c.jpg


帰りも足柄サービスエリアから遥拝させていただきました。


時代背景の中、現代では昔と違い様々な形でご縁をいただけます。

ただ一つ変わらないのは、どんな形であれ、佛門に身を置く者としては、全ては神仏のご加護の元にいただいていますご縁に間違いありません。

本日も素晴らしいご縁でした。

物事は、使い手により、その良し悪しが判断されます。

どんなに良いものも、使い方次第ではとんでもなく悪いものになってしまいます。

これは密教も同じです。

SNSなども使い方によって良くも悪くも結果が出ます。

どんなことがあっても、ご縁あります全ての方が幸せにあります様、心がけ、どんなことにも勤めていきたいと思います。

本日のご縁に心から感謝です。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

納経

本日は先日、納経いただきました写経を本尊さまに納めさせていただきました。


fc2blog_2017042911064963d.jpg


当院では、納経一枚から必ず諸尊法を修法し、佛様に納め、ご祈願いたしております。

納めるという点で大切なのは「行法」です。

密教では、お供えを直接佛さまにお渡しでき、これを事供養と言います。

佛さま招き、供物を直接渡し、ご接待しながら、こちらの話を聞いていただく(祈願、供養)。

これは、行法することでより丁重に施すことができます。

お経を唱え、祝詞を唱え、一方的お願いするのと、直接ご接待した上でお願いするのとどちらが効果的でしょうか?

こう考えてみましょう。

取引先にお願いを一方的に手紙で送りつけるのと、顔を合わせ、ご接待の中で誠意を見せてお願いするのとではどちらが効果的でしょうか?

答えは一目瞭然です。

当院では、皆さまからいただきました、大切な写経、お供え物は、行法、諸尊法を如法に修法し、責任を持って佛さまにお渡しいたしておりますことお伝えいたします。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

お不動さまのご縁日

本日は28日はお不動さまのご縁日。

月例の不動息災護摩供を厳修いたしました。


fc2blog_20170428164049701.jpg


もちろんいつも通り如法に五段で修法いたしております。

ひと月の無事と感謝をお不動さまへ伝える毎月の月例護摩。

いつものご祈祷護摩の時のように手際よくではなく、このお護摩はじっくりと楽しんで焚いております。





時間帯、お堂の狭さから一人の時も多い中、ご一緒にお参りしていただけます方が居ますことに感謝です。

毎月28日のお不動さまのお護摩は朝5時から勤めております。

月によって息災護摩か調伏護摩のどちらかになります。

ご一緒にお参りをお考えの方は一度ご連絡ください。

時間はかかりますが如法にお護摩をお参りしていただけます。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

両部不二

毎月27日は愛染明王さまを拝んでおります。

本日は「如法愛染法」を修法し、愛染明王さまをご供養いたしました。

全国的には26日が愛染明王さまのご縁日となっておりますが、当院では27日愛染、28日不動と両部不二のご縁日とさせていただいております。

愛染さまが金剛界、お不動さまが胎蔵界。

不動愛染の中央に如意輪さまをお祀り、如意宝珠を現す荘厳は真言宗のお寺では少なくありません。

愛染さまには多々の修法があります。

三十七尊付きで修法するのか、十七尊付きで修法するのか。

三十七尊であればまた、その修法は何種類かになります。

入我我入について、一肘観について、愛染さまのお次第を整えるには秘説、印信の相伝と学びが必要になります。

沢山いただいております学びのご縁に感謝し、修法に勤めます。合掌


Facebookページを開設いたしました。↓ ↓ ↓

http://facebook.com/renryuin/



全然使い方が分かりませんが少しずつ投稿等、していきたいと思います。合掌


インスタ http://instagram.com/renryuin/

太元帥法(たいげんほう)

本日は理性院流にて太元師法を修法し、国家の安泰を祈りました。


fc2blog_20170426143107e27.jpg


毎月26日には太元師明王さまを拝んでおります。

今の世界情勢を考えるとこんな時こそ密教僧は大法を修し、天下泰平、鎮護国家を祈らなければいけません。

何のための密教か、お大師さまがどんな思いで密教を日本に伝来されたのか。

密教僧はよく考えなければいけません。

私利私欲のための法ではありません。

お大師さまは、自国の安泰、衆生が平穏無事であることを一心に思い密教を伝来されました。

そのお大師さまの血脈を脈々と受け継ぐ阿闍梨としてその思いも引き継がなければいけません。

茶番ではありますが、一人で大壇で太元師法を修法し、散念誦大金剛輪を残し下礼盤、護摩壇で太元師調伏護摩を修法、焚き終われば、神供壇で神供をする、次は十二天壇で十二天供、終われば聖天壇で浴油供を修法し、また大壇へ登壇、散念誦を続きから修法する。

一人で大法の流れに沿って修することも多々あります。

しかし、これは只の自己満足であり、全く大法とは異なります。

大法は日頃より修法を重ねる鍛錬された多くの阿闍梨が一丸となり、祈ることでその法の力が何倍にもなり、多大なる効験を発揮することに意味があります。

おそらく一人で修法していても力が分散してしまい、結果、一つの修法を一心に勤めた方がよいように感じます。

実際のところ、身体の疲れの他、心、自身の生命の疲れを酷く感じます。

効験とは、日々、自行によって培った法の力によって発揮します。

この培った法の力がないにも関わらず効験が出ると言うのは、行者の命を削ってその力に変えているからだと先師さまから学んでおります。

日々の努力が必要なのは、どんなことにも共通して言えることです。

コツコツと貯めた力は必ず結果を残します。

苦しい時こそ踏ん張り、日々の努力を怠らず、一歩一歩前に進んでいくことを忘れてはいけません。

天下泰平、万民快楽、鎮護国家、そして檀信徒の皆さま、ご縁あります皆さまの安泰、お幸せを祈っていきます。合掌


インスタ http://instagram.com/renryuin/

千手観音法

今朝は何気なく、自然と千手観音法を修法し、千手観音さまを拝みました。

私の念持佛の一字金輪さまの右脇には、正観音さま、左脇には千手観音さまをお祀りいたしております。

以前は中院流で修法していましたが、最近では三憲で修法しております。

大きな違いは、中院では本尊加地に大陀羅尼を用いていたのが三憲では小咒ということです。

慣れてしまえば何てことありませんが、慣れてなければ小咒の方が修法しやすいかと思います。

大陀羅尼に慣れてしまうと少し物足りなさを感じます。

中院流聞書には、根本印を結び大陀羅尼を誦するに由って、能く四種成就のことをなす。

一には息災

二には増益

三には降伏

四には敬愛、鈎召

所有、また一切の世間の望・出世間の果報、みな満願することを得る、本経の中の所説なり。

このように記されております。

観音さまには様々な功能、功徳があります。

正観音さま、千手観音さま、十一面観音さま、如意輪観音さま、馬頭観音さまはよく修法し拝みます。

毎日お唱えします観音経。

観音さまのような慈悲の気持ちで世界の人が満たされることを心より願います。合掌


インスタ http://instagram.com/renryuin/

東海三十六不動尊霊場巡り修行 其二 続き

昨日の続きです。


8番札所を後にし、9番札所へ。


fc2blog_2017042417123789c.jpg


名古屋市中区にあります「稲園山七寺」真言宗智山派のお寺さまです。

こちらのお寺さまは戦前は、本堂、太子堂、聖天堂、御影堂、辯天堂、三重塔、庫裏、その他諸堂が建ち並ぶ、大寺だったそうです。

空襲により焼けてしまい、国宝だった阿弥陀三尊の内二体、毘沙門天、持国天は焼失、かろうじて、正観音、勢至菩薩像が難を逃れ、現本堂に安置されています。

開山は行基さまですがその後、経緯により父の姿を見ずに亡くなった子を弔うために父が七区の佛殿と十二の僧坊を建立しました。

また、中国でもわからなかった経典が七寺さまで発見されたそうです。

次の10番札所はすぐ近くですので徒歩で向かいます。


fc2blog_201704241124180d7.jpg


七寺さまと同じく中区にあります「北野山真福寺 宝生院」真言宗智山派のお寺さまです。

こちらのお寺さまは大変有名なお寺さまで、通称「大須観音」です。

元々は中島観音と言い、尾張国長岡庄大須郷(今の岐阜県羽島市大須)にありました。

御開山は能信上人さまです。

戦国の世となり、織田信長公から寺領五百石を寄進、徳川家康公に至っては、名古屋を建設経営するにあたり、慶長十七年、まず第一に今のこの地に移されたそうです。

この日も多くの参詣者で賑わっていました。

そして納経所も多くの方が並んでおられました。

お寺にたくさんの方が集まることは良いことです。

多くの方が仏縁に恵まれますことを祈り、次の札所、11番へ。


fc2blog_201704241124334a6.jpg


同じく中区にあります「成田山萬福院」真言宗智山派のお寺さまです。

初健は清洲、名古屋築城遷府の際、以前の地に移り、その後、平成14年に今の場所に移りました。

空襲で焼失する以前の本尊はお大師さま作、十一面観世音菩薩さまです。

その後、熱心な信者さまの努力により再建、千葉の大本山成田山新勝寺さまよりお不動さまのご分身を勧請してご本尊とし、山号を成田山と改め、栄のなりたさんと多くの方から親しまれております。

本堂の中で素晴らしいお不動さまと四大明王さまを目の前にゆっくりとお勤めをさせていただき、本日最後の予定をしております12番札所へ。


fc2blog_20170424112446689.jpg


同じく中区にあります「如意山福生院」真言宗智山派のお寺さまです。

通称「袋町のお聖天さま」で親しまれており、私自身も何度かお詣りさせていただいております。

福生院さまのお不動さまは、もと信州(長野県)上田城主真田家の守護尊としてお祀りされていたのを、延宝五年、上田郡田中の長久寺建立の際、勧請されて奉安、その後、不思議なご縁で今に至るそうです。

開山は順誉上人さま、初健当時は愛知郡中村の里で大聖歓喜天を祀り、日々熱心に供養されたそうです。

その後、約二百年、時の住職宥伝上人さまによって、今の地に移されたようです。

数ヶ寺知っておりますが、本尊が聖天さまというお寺は珍しいです。

本日最後の参拝ということもあり、訪れたのが夕方でした。

本堂からは夕方のお勤めが聞こえてきます。

本来は当たり前ですが、今時は朝夕にお寺からお勤めを耳にすることが少ないと檀信徒さまからよく聞きます。

こうやってお寺さまが佛さまに勤めるお姿を見ると心が癒されます。


無事「東海三十六不動尊霊場巡り修行 其二」を終えました。

残すところ二十四ヶ寺。

自坊の本尊、お不動さまに無事帰山の感謝をお伝えし、次回の良縁を祈ります。合掌


インスタ http://instagram.com/renryuin/

東海三十六不動尊霊場巡り修行 其二

本日は1月に開白いたしました「東海三十六不動尊霊場巡り修行」第二会です。

5番札所から12番札所までお詣りできました。

まず前回からの続き、5番札所へ。

今日は日の出から日暮れまで一切雲がなく、御不動さまが先の道を示しているようでした。


fc2blog_20170424112217795.jpg


甚目寺にあります「鳳凰山甚目寺」真言宗智山派のお寺さまです。

本尊さまは縁起を見ますと漁で網にかかった黄金の正観音さま引き上げ、お寺を建立し安置したのが始まり。後世に十一面観音さまを奉安の際、この正観音さまを胎内佛として納めたと載っています。

私も初めて知りましたが、このお寺の住職は3年の輪番制だそうです。

諸堂も多々あり、本尊さま、御不動さまの他もお詣りさせていただきました。

特には十王堂(閻魔堂)の十王さま、三重の塔の愛染さまが印象的でした。

ゆっくりお詣りしたいところですが次がありますのでそこそこで移動。

6番札所へ。


fc2blog_20170424112304576.jpg


名古屋市北区にあります「味鏡山天永寺 護国寺」真言宗智山派のお寺さまです。

開山は行基さま、本尊さまは「薬師如来」です。

こちらのお寺さまも先ほどの甚目寺さまと同様「伽藍」であり、繁栄を示しております。

難民の救済のため建立され、その後、鎮護国家を祈るお寺となったそうです。

元は法相宗、後、真言宗となっております。

天下泰平、万民快楽、世界平和、鎮護国家を祈り、7番札所へ。


fc2blog_201704241123328a3.jpg


名古屋市東区にあります「東岳山一乗院 長久寺」真言宗智山派のお寺さまです。

長久寺さまは徳川家の祈願所。

名古屋城の鬼門の鎮めとなっております。

なんとこのお寺さまは明治四年七月、藩庁の布告で名古屋市内で初めての小学校となっております。

本尊の御不動さまは、お大師さまの甥であります「智証大師円珍さま」作と伝えられております。

ありがたいご縁に感謝し、8番札所へ。


fc2blog_20170424112348a24.jpg

fc2blog_20170424112404ed3.jpg


先ほどと同じく東区にあります「徳興山健中寺」浄土宗のお寺さまです。

驚くのは市内に五万坪の境内地です。

そして本堂は本尊阿弥陀如来さまを祀る、壮大な十五間四面です。

お不動さまは不動堂にお祀りしております。

このお不動さまは、尾張徳川家に代々伝えられていた秘仏で家康の念持佛、将軍不動と伝えられているそうです。

境内には幼稚園も併設されており、平日であれば多くの子供たちで賑わっていることが想像できます。


一気に書いてしまうと随分長くなってしまいますので続きは明日へ。合掌


インスタ http://instagram.com/renryuin/

荼吉尼天

毎月22日は当院の鎮守さま、荼吉尼天さまのご縁日。

豊川稲荷さんのご縁日です。

豊川さんとのご縁は僧侶になる前からです。

ふと気がつくと豊川さんに足が赴き、神棚を設け、お祀りしたことが始まりです。

お札を納めお祀りしている他、荼吉尼天さまの尊像、豊川さんの御影、掛け軸と今では多くの荼吉尼天さまとのご縁をいただいております。

本日も荼吉尼天法を修法し、ご供養いたしました。


fc2blog_201704221058560e3.jpg


胎密での荼吉尼天法、修験、様々な荼吉尼天法を学んでおりますが、最初の師匠に学んだ荼吉尼天法が一番、東密の密教僧としては修法しやすく、これを三憲に整え、修法しております。

何度もブログに書いておりますが「金剛薩埵」として「教令」することが天部尊の修法をすることが阿闍梨としての心得です。

護法善神として佛法を守護し、当院を守護していただいておりますことに感謝し、ご供養いたしております。合掌


fc2blog_2017042210584142c.jpg

豊川さんの御影です。


インスタ http://instagram.com/renryuin/

感謝

東密の密教僧にとって忘れてはならないのが祖師さま、恩師への報恩謝徳です。

毎月21日はお大師さま、弘法大師さまのご縁日です。


fc2blog_20170421184134ced.jpg


報恩謝徳とは、恩に報い徳に謝する、恩に感謝し報いること。

その徳に感謝して受けた恩に対し、自分のできる限りのことをしようと思う気持ち。

厳密には恩に報いるのではなく、受けた恩徳に対して、如何ともしがたい感謝の気持ちが芽生えてどうしても報いたくなることです。

日本に密教を正式に継承し傳来したお大師さま。

それを脈々と繋いでくれた派祖さま、流祖さま。

そして今、多くの学びをいただいております師僧。

兄弟弟子やご縁あります周りの阿闍梨さま。

私たちは日々、多くの方に支えられ生きています。

どんなことにも感謝を忘れてはいけません。

辛い時ほど感謝の気持ちを大切にしなければいけません。

命あるものだけでなく、普段使わしていただいています物すべてに感謝です。合掌


インスタ http://instagram.com/renryuin/
プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR