FC2ブログ

寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

家屋の解体

今日は古くから当院に来ていただいております方の家屋解体における発遣に岐阜へ。

しっかりと辯天供を修し、岐阜へ。

場所にもよりますが、今は高速の便がかなり良くなっておりますので1時間程で現地に到着です。

まずは解体する家屋の状況を確認です。

正直、あまりよい状況とは言えません💧

まずは、良質な香とお加持したカヤの実を焚き、場の整えを試みます。


fc2blog_20170701100341999.jpg


カヤの実は、お守り袋にお守りと一緒に入れて魔除けに使ったり、天部尊のお供えによく使います。

これを炭の上に置き、焚く事でかなり不浄の浄化効果があります。

まずまず、整いましたので準備に入ります。


fc2blog_20170701100253d80.jpg


念入りに、丁重に法器類を整え、お供えをします。

お供えは、本尊さまを始め、その諸眷属、並びに家屋に宿る各諸神、そして施餓鬼の準備をいたします。


fc2blog_20170701120529ac1.jpg


「祓う」 という言葉をよく使いますが、実際には 「祓う」 のみではいけません。

祓ったものはいずれ帰って来ます。

除霊なども同じです。

全てを受け入れ、供養する事が最重要です。

祓えば直後は良くなりますが、後には必ず元に戻るか、祓われたことに対しての怒りが増幅しますので以前よりも悪化するケースが多いように感じます。

良いものも悪いものも一切全てに感謝の気持ちを持って接し、供養する事が本当の意味で状況改善には必要となります。

今回も、上から下まで平等に一切諸神を供養しいたしました。

解体工事の安全、そして施主さんのお幸せを祈り、気持ちよく、受け入れていただいました。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

人に尽くす

今日は師匠の随行で京都に屋祓いです。

早朝、辯天供を修し奈良へ。

師匠のお寺に集合して現地、京都へ向かいました。

普段はご依頼を受け、一人で趣、修法という事が殆どですので、こういった機会は大変貴重です。

施主さんと師匠のやり取りや様々な事柄が、とても勉強になります。

無事、終えた後、せっかくの京都という事で 「京美仏像」 という、仏像屋さんに立ち寄りました。

自社ビルでの経営で、一階に事務所、二階に展示室があり、かなりの数の仏像が展示されていました。

材料となる様々な木の香りと、多くの仏像はずっと眺めて入られます☺️

あまり長居してもお店の方にご迷惑ですのでそこそこで引き上げてきました。

今日はもし、時間があるようでしたら、伝授を師匠にお願いしてあったのですが、正直屋祓いという見えないものとの対峙は、体が疲れます。

今回は助法でしたので、私自身はそんなに苦労はありませんが、導師を勤められた師匠はお疲れなはずにも関わらず、伝授をしてくださいました。

本当に感謝です。合掌

そして私よりも、ずっと多忙でお忙しい中、知らない間にお次第も離れた場所に保管してありますところから取ってきていただいており、自分自身の事よりも、他に気を使い、その時間を惜しまない、他に尽くす師匠の人柄に毎回感激いたします。

本当に見習うところしかありません。

少しでも師匠のような人間に、僧侶になるよう勤めたいと思います。合掌

伝授を終えて自坊へ帰山、明日は岐阜へ屋祓いです。


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

お不動さまのご縁日

本日はお不動さまのご縁日、あっという間の一ヶ月ですね💦

出来た事、出来なかった事、色々ありますが、何はともあれ一月(ひとつき)の無事の御礼と感謝気持ちをお不動さまに伝え、不動法二重を修法し、ご供養いたしました。合掌


fc2blog_20170628121906fe5.jpg


不動法二重は三宝院流において、最も深秘の法であり、これぞ不動法という、お不動さまを拝む最高の修法です。

この不動法二重を初めて授かったのは、もう10年程前になるかと思います。

通常の不動法を重ねて修法し、不動護摩を焚き、熟練すればするほどこの二重の素晴らしさ、凄さが心身に染み込みます。

より、明確なお不動さまのお姿を感じる事ができ、自分自身がまさしく 「不動」 になる事ができます。

昨日、重ねて伝授を受けさせていただき、その翌日、お不動さまのご縁日に修法させていただけるというのは最高に至福です。

ご縁とはまさに繋がっているように感じます。

また一月、しっかりと神仏に勤めたいと思います。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

不動法二重

本日は昨日の 「八千枚護摩供」 に続き  「不動法二重」 の伝授です。


fc2blog_20170628121854682.jpg


宿泊はホテルですので早朝、湯ごりをし身を清め、ホテルの部屋にて辯天法を修し、お勤めいたしました。


fc2blog_20170628121839f5f.jpg


外に居るからできない、一面器がないからできない、そんなことはありません。

どこに居てもその形は状況、環境により様々ですが修法はできます。

神仏へ勤める 「気持ち」 があれば、どこに居ても拝めます。

そのためには、日々、自坊で重ね重ねに如法に修法する積み重ねが必要になってきます。

この積み重ねた法力があるからこそ、場所を選ばずどこに居ても修法が可能となり、効験を生み出します。

密教僧にとって最も大切なこと、それは 「修法」 です。

自坊を離れて居る時こそ、このことを忘れず、神仏に勤めたいと思います。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

安鎮法 修法

昨日完成いたしました 「安鎮法」 次第。

御宝前にて早速、本日修法いたしました。


fc2blog_20170626215945f67.jpg


これまでも修法していましたが、新しく整えたお次第での修法は気持ちが良いです。

本日は奈良で八千枚護摩供、不動法二重の伝授会です。

「安鎮法」を修法し、辯天さんを拝んだ後、奈良へ出立いたしました。

今回の伝授会は今日明日の二日間です。


fc2blog_20170626220007b3f.jpg


八千枚護摩供、不動法二重、共に重ねての受法となります。

本日は八千枚護摩供。

明日は不動法二重。

ありがたく感謝の気持ちを持ち、受けさせていただきます。合掌。


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

完成

昨日から整え直しをしています 「安鎮法」 次第。

完成いたしました☺️


fc2blog_20170625124421a73.jpg


以前整えた次第の表題には 「安鎮法」 といたしておりましたが、今回は 「安鎮 鎮宅法」 といたしました。

薄草紙二重に出て来ます 「安鎮法」 は、不動付安鎮とされております。

この不動法は、二重の不動法です。

この不動法に付と言うことは、自然と通常は二重の不動法を相伝していなければならないという事になります。

昨日も書きましたが、本尊は四臂不動、十二天。

当院では、家屋の鎮宅のために、この法を修法する際には、竹筒に十二天曼荼羅、その裏書きに各種不動真言を梵字にて記したものを封印し、本尊とします。

この竹筒は、家屋の守護として祀っていただくことが多いです。

解体であれば、解体時から新築の完成まで通してこの竹筒を本尊とし、地鎮、棟上げ、入居と式を執り行います。

地鎮には、他、御幣を祀り、棟上げの際には棟札を別に祀ります。

入居の際にも、他、御幣等を祀ることもあります。

家屋の祓いは、その場の状況によって、様々な仕様となります。

祓いの他、神供が必要だったり、施餓鬼が必要だったりと、その土地や状況、環境によって判断しなければいけません。

その中心となるのが 「安鎮 鎮宅法」 となります。

早速、明日の朝、新しいお次第にて 「安鎮 鎮宅法」 を、本尊さまの御宝前にて修法してみます。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

鎮宅法

不思議とよく似た内容のご祈祷が続くことが多いです。

ひと月の間に、病気平癒が多々続いたり、先祖供養が続いたり、よく似た内容のご祈祷は、不思議と重なります。

今は何件か、家屋で拝むご依頼を受けています。

種類は、地鎮、新築入居、取り壊し、土地の因縁の鎮魂と様々ですが、多くのこういった環境で修法するのが 「鎮宅法」 です。

本尊を四臂不動とし、十二天を拝む法です。

拝む対象によって名称が 「鎮宅法」 「安鎮法」 と呼び名が変わります。

また 「鎮護国家の法」 としても用いられます。

一般の家屋等で用いる場合には 「鎮宅法」 と呼びます。

ここ最近は、この 「鎮宅法」 を修法する予定が多々ありますので、今日は次第に手入れをし、新しくしようと、少し整えていました。

他に整え中の次第が山ほどありますが、とりあえず使う次第を優先に😓

何とか集中し、原稿が仕上がりそうですので明日には完成するかと思います。

正しい密教の法をもって多くの方のお力になれますことを祈り、多くの法を整えていきたいと思います。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

出先

昨日は東京で一泊、本日帰山いたしました。

どこに居ても辯天さまとお次第を持ち歩き、可能な環境である限り、出先でも拝めるよう勤めております。

また、どこに居ても急なご相談やご祈祷にも対応できますよう、心がけております。

しかし、やはり自坊で一面器等、一座行法ができる環境での修法は心安らぎます☺️

昨日、出立前に拝んだ片付けをし、香華を整え、一座拝みます。

合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

靖國・千鳥ヶ淵参拝

今日はいつもより早く、午前5時より辯天さまの華水供を修法し、東京へ。


fc2blog_2017062308314833d.jpg


本日は靖國神社、千鳥ヶ淵参詣です。

年に一度ですが、必ず 「靖國神社」 「千鳥ヶ淵」 へお詣りさせていただいております。


fc2blog_20170623082846d73.jpg

fc2blog_201706230829032a9.jpg


まずは 「靖國神社」 にて、正式参拝です。

「靖國神社」 には、坂本龍馬や吉田松陰、高杉晋作といった幕末の志士、戦場で救護のために活躍した従軍看護婦や女学生、学徒動員中に軍需工場で亡くなられた学徒などの軍属、文官、民間の方々も数多く祀られ、多種多様な方々の神霊が祖国に殉じられた尊い神霊として祀られており、

「国家のために一命を捧げられた人々の霊を慰め、その事績を後世に伝えること」

が 「靖國神社」 創建の目的です。

只々、感謝の気持ちでお詣りさせていただいております。合掌

「靖國神社」 でのお詣りを終えて、徒歩にて 「千鳥ヶ淵」 へ移動。


fc2blog_20170623082802d96.jpg


「千鳥ケ淵戦没者墓苑」

この墓苑には、日本に持ち帰られたご遺骨において、お名前のわからかない戦没者のご遺骨、「無名戦没者の墓」であり、先の大戦で亡くなられた全戦没者の慰霊追悼のための聖苑です。

ここをお詣りしなければ、戦没者慰霊とは言えません。

自坊で慰霊をしておりますが、この場でのお詣りの時間は僅かと言えども、ここに来て手を合わせる事に大きな意味があります。

日頃の供養が始めて繋がっていく、そんな感じを得られます。

古戦場の供養の際に毎回ブログに書きますが、多くの御霊を供養するには長い年月をかけて多くの方が手を合わせ、続けていく事、継続した供養が必要となります。

日々の供養と足を運ぶ事、継続していく事、そして多くの方がお詣りされますことを心よりお祈りいたします。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

調伏の心得

昨日の晩からの大雨、そして強風で一気に梅雨を思い出しました。

ここのところ晴れ間が多く、梅雨を忘れてしまっていました。

命あるものすべてに必要な水。

しかし、振り過ぎても水難が起き、降らなくても水難が起きる。

風も吹き過ぎては難を生じ、吹かなくても困る。

自然現象は神の所業です。

バランスの均衡が取れなくなった時、神仏に祈るのは今も昔も自然な人の姿。

どんな事にも共通して言える 「バランス」

この 「バランス」 が保たれる事で、自然、人と人の関係、全ての調和が保たれます。

では、調和が崩れた時どうするか❓

密教では、こんな時こそ 「調伏法」 です。

人に例えたのであれば 「心と身との調和につとめ、悪行にうちかつこと」

誰の心にも多かれ少なかれ悪心は存在します。

良心と悪心のバランスが崩れ、悪心が大きくなった時、人は悪いことを実行してしまいます。

この時、悪心を伏し調えることができれば悪行することもありません。

修行者であれば、酷く煩悩に負けそうになった時、自身の煩悩に向けて 「調伏法」 を施し、煩悩を伏します。

悪人に向けるのではなく、悪人の悪心を調え伏すため施すのが正しい 「調伏法」 の使い方です。

個々に向けて施せば、向けた先の対象物は滅びます。

「調伏法」 を施す、修法するには、正しい行者の心得、そして修法中の安定した精神状態が重要となります。

修法中の僅かな、他への思いが過ってしまえば、対象がその方向へ向いてしまいます。

正き心を持ち 「調伏法」 を修する。

今時の間違った 「調伏法」 の見解ではなく、本当の意味を後の世に伝えられることを願い、数々ある 「調伏法」 を修法していきたいと思います。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/
プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR