FC2ブログ

寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

吉祥日

本日は21日、お大師さまのご縁日、そして巳の日、辯天さまのご縁日でもあります。

ご縁日が重なる日は、吉祥日が重なる大吉祥日😊

お大師さまを拝み、辯天さまを拝む。

幸せな日です✨

お大師さまと辯天さまの繋がりは如意宝珠。

お大師さまが天川参籠の際、辯才天さまに如意宝珠をいただき、高野山に納めたというお話があります。

この時、お大師さまは授かったのではなく、持っていって欲しいと手渡されたそうです。

一説では、この時の如意宝珠の一つは高野山嶽弁財天に埋まっているとの事です。

この如意宝珠が一時期、掘り出された事があるらしく、高野山内の豊富な水が枯れてしまい、元に戻した際、水は元に戻ったようです。

お大師さまや辯天さまは、宝珠一体と拝みます。

密教にとって最も大切な如意宝珠。

そんなご縁が重なる吉祥日に感謝です。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

先師から頂いた宝の言葉

他行をするなら 「一尊百座」

そんな言葉を昔、よくご祈祷が効くと言われる行者さんが言われていたのを今でもよく覚えております。

自行とは、自身の行のために修法する事。

他行とは、他人のために修法する事。

東密では、人のために修法するには傳法灌頂に入壇し、阿闍梨になる事が必須です。

他行をするなら 「一尊百座」

これは、阿闍梨になった上で例えば他行、他人のために不動法を修法するのであれば、最低百座は不動法を修さなければそれはただの形だけのもの。

他人のために祈るという事は、それだけ 「行」 を重ねた行者でなければ効験が出ないという事です。

一座や二座の拝みでは、その神佛を知る事、感じる事ができず、願いを託すに至らない、こう仰ってました。

それ以来、私はご祈祷で修法するような神佛の法は、最低百座は修法しております。

日に三座修法すれば一ヶ月ちょっと、日に一座で三ヶ月ちょっとです。

実際、実行してみますと、他行をするなら 「一尊百座」

この言葉の意味がよく分かります。

拝みこむ事で、その神佛を体で感じ、よく知る事ができます。

皆さまからご祈願を預かるという事は、それだけの覚悟を持ってご祈祷しなければいけません。

「一尊百座」

伝えていきたい、一言です。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

霊符

今日は東大寺で伝授会。

昨日、就寝前に準備をした旅の壇具で早朝にホテルで一座お勤めです。


fc2blog_2017102112264662e.jpg

fc2blog_20171021122704c53.jpg


お勤めを終え朝食を済ませて、朝一で会場に入り、準備です。

今回の伝授内容は 「鎮宅霊符」 です。


fc2blog_20171021122721866.jpg


私も 「霊符」 については多く学んでいますが、密教の立場から 「霊符」 の事について学べる機会は多くはありません。

十年近く前に 「霊符」 の伝授をしていただいた大阿さまが再び編成を加えての伝授です。

密教には 「霊符」 の教えなどありません。

「霊符」 は、その不可思議な図形により効験発揮する 「符」 と、私は認識しております。

この不可思議な図形が自然界に存在する力、エネルギーと共鳴し、また宇宙エネルギーとの共鳴により様々効験を生み出すとあくまでも私的にですが私は感じます。

どうでしょうか、私は月に頼まれ何十枚かの 「霊符」 を創ります。

「霊符」 は、その図形に力がありますので、単体でも効験を期待できますが、密教の加持力と融合させる事で、何ランクも上の 「霊符」 を創る事ができます。

必ず修法により開眼、何座か修法で拝みお加持します。

書き方や霊符の規則は、本来そのものを守り、その後に密教の法によって開眼、加持する事でより効験高い 「霊符」 に生まれ変わります。

こうして創った 「霊符」 は、多くの方の支えとなります。

それぞれの良きところを生かし、その力を何倍にもして活用しております。

密教の法のように 「儀軌」 がある訳ではありません。

阿闍梨それぞれが正しい認識のもと活用できれば 「霊符」 は、素晴らしい 「符」 となります。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

不思議なご縁

毎月18日は観音さまのご縁日。

今日は自室にお祀りしています念持佛の正観音さまを密壇でご供養いたしました。


fc2blog_201710211226161d4.jpg


不思議と当院に正観音さまが自然と集まってきます。

この念持佛の正観音さまもご縁でいただいた観音さまです。

佛像としては、小ぶりなものですが、お顔やお姿が大変気に入りまして念持佛とさせていただきました。

私自身の生まれが観音さまのご縁日という事もあり、とても親しみ深く感じます。

回向の密壇、護摩堂にも定に入ったお姿の正観音さまをお祀りしております。

密教では基本、顕教と違い、定に入った佛さまをお祀りいたします。

「定に入った」 とは、わかりやすく言えば、最も最上位の佛の姿です。

観音さまで例えると立像と坐像がありますが、定に入っているのは坐像、お座りになられていますお姿です。

立っているお姿の方が直ぐに動け、早く救いに来てくれると聞く事がありますが、これは人の俗的な思いからで立像が坐像より効験が早いなどという事は絶対にありません。


今日は観音さまを拝んだ後、明日の伝授会の準備に奈良へ。

明日は東大寺で伝授会です。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

因縁消滅

今日は信者さまのご依頼で先祖供養のお護摩を焚かせていただきました。

不動光明真言合行護摩法です。


fc2blog_20171021134825142.jpg


先祖供養のためのお護摩でしたら光明真言護摩で十分ですが、供養するところのご先祖さまの状況によって最適なお護摩を修法いたします。

ご先祖さまの因縁消滅は、我々子孫にとって最も大切な事です。

木であれば根、家屋であれば基礎、人であればご先祖さま。

人生の基礎、根をしっかりとするには、正しい先祖供養が欠かせません。

もし、しっかりとした先祖供養を考えられています方が居ましたら是非一度ご相談ください。

密教の秘法をもって如法に、そしてどこよりも丁重に正しくご供養させていただきます。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

自然からの学び

先日、実家に滞在中、山の入り口でこんな花を見かけました。


fc2blog_20171016101945688.jpg


綺麗な花だと思い調べてみますと 「木立朝鮮朝顔」 という、毒のある花みたいです。

学名のカタカナ表記で 「ブルグマンシア属」

園芸名で 「エンジェルズ・トランペット」 と呼ばれることが多いそうです。


fc2blog_20171016102001644.jpg


「エンジェルズ・トランペット」 は、通称らしく、本来は 「ブルグマンシア」 が正しいみたいです。

「ブルグマンシア」 と言う名前で売りに出したが売れず 「エンジェルズ・トランペット」 という名前で売りに出したところ大変売れたことからこの名前が通称になったそうです。

花言葉は 「愛敬 変装 夢の中 愛嬌 遠くから私を思って あなたを酔わせる 偽りの魅力」

毒性には、幻覚、錯乱などがあり、時には死に至ると書いてありました😵

今まで気にした事がなかったのですが、中々怖い花です😰

自然が教えてくれる 「学び」 の一つでした。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

墓参り

昨晩からよく降る雨の中、今朝はお墓にお参りをいたしました。

私の先祖代々の墓所には、墓守りの方が五輪塔を建立してくれています。

また、お地蔵さまが建立されおります。

これは、昔は今と違い全ての子供が無事育つ環境ではありませんでした。

この世に生を受けながら幼くして亡くなる子供が多くいました。

少し前の世代の方々が兄弟が多い理由の一つでもあります。

こういった不遇な環境に生まれ失った命を弔い、先の未来へスクスクと子孫が育つことを祈るお地蔵さまです。

しっかりと手を合わせ墓参りを終えました。

少し観音さまをお祀りするための片付けをし、自坊へ帰山の準備。

開眼までしたかったんですが、そこまで辿り着きませんでした💧

今回は熊野の秘湯に浸かる事もできなかったので、帰路の途中、多気にあります温泉に浸かり帰山いたしました♨️

熊野まで高速等、道が大分整ったので行きやすくはなりましたが、近いとは言えません。

もう少し近いと頻繁に行けるのですが...

今回、開眼できなかった分、自坊で念持佛の正観音さまをしっかりと拝みたいと思います。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

新たなる第一歩

昨日の晩、別院建立の際の本尊、正観音さまを実家に遷宮いたしました。

実家には明日まで滞在ですので、今日は早朝から新鹿辯才天さま参拝です。


fc2blog_20171016101411024.jpg


天然苔の絨毯を登っていくと鳥居が見えてきます。


fc2blog_20171016101520b5f.jpg


ここから20分程お山を登っていくと辯天さまのお堂に到着です。

早速入堂し、略辯天法を修し、お勤めをいたします。


fc2blog_20171016101536110.jpg


その後、外の社へ移動しご法楽。


fc2blog_20171016101614d12.jpg


そして御神体であります 「瀧」 を拝みます。


fc2blog_20171016101648850.jpg


自然の中で拝む早朝の辯天さまは本当に気持ちが良いです😊

日本全国各地に辯天さまはお祀りされていますが、ここの辯天さまは本当にお力を感じます✨

じっくり拝ませていただき、再び天然苔の絨毯を帰ります。


fc2blog_20171016101706682.jpg

fc2blog_20171016101731dd8.jpg

fc2blog_201710161017492d3.jpg

fc2blog_201710161018065e5.jpg

fc2blog_2017101610190033f.jpg


山深い処の川の水は何処も綺麗ですが、ここの川の水は一段と澄んでいます。


fc2blog_20171016101916a80.jpg


そして、水に力をヒシヒシと感じます。

帰り道、別院となります実家の氏神さまに、観音さまをお祀りし、密教寺院の活動をしていく事をご報告いたしました。

まだ、何も始まってませんが、昨日、ブログに書きました通り、思いは必ず叶う、先の道は自分たちで創っていく事ができます。

まずは思う事、次に言葉として発する、そして行動する事で形として結果が出ます。

コツコツと拝み、一歩一歩前に進んでいけたらと思います。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

思いは必ず叶う

今日は13日の金曜日。

頭に思い描くのは一つ、ジェイソンです。

昔のホラー映画。

試しに13日の金曜日とネットで検索してみました。

当然、出てくるのは、ホラー映画の 「ジェイソン」 です。

そしてもう一つ

「13日の金曜日は、英語圏の多くと、ドイツ、フランスなどの迷信において不吉とされる日である」

その理由の一つとして

「イエス・キリストが磔刑につけられたのが13日の金曜日とされ、キリスト教徒は忌むべき日であると考えている」 という俗説があるが、これは正しくない。

と出てきました。

また、

キリスト教の影響が強い国であっても、イタリアで不吉な日は17日の金曜日であり、スペイン語圏では13日の火曜日が不吉だとされている。

13日の金曜日を不吉とするのは、英語圏とドイツ、フランスなどに限られる。ただしフランスでは宝くじの売り上げが急上昇する、幸運な日でもある。

これらの国で13日の金曜日が不吉とされる理由には、いくつもの説があるが、定かでない。

13を不吉な数とするものと、金曜日を不吉とするものが独立して生じ、それらが合体したものであるという説が有力である。

13日の金曜日を不吉とするのは 19世紀になってからだとする意見もある。

などと、出てきます。

ある地方では、迷信で片付けられないような事が多々ようです。

「13日の金曜日」 = 「不吉な日」

という、多くの人の思いが、陰の気を引きつけ、マイナスな先、未来を作る出しているのかもしれません。

「未来は自分で切り開く」

この言葉は、まんざら間違っていません。

では、この逆はどうでしょうか❓

それが、13日の金曜日に起きる不吉の正体かもしれません。

皆さんも 「思い」 を現実化してみてください。

思いは必ず叶います。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

風習

日が暮れるのが早くなりました。

夕方のお勤めを18時から行い、終わりましたら施餓鬼を行います。

この施餓鬼が、つい最近までもう少し暗くなってからと思っていましたが、今ではもうすっかり暗くなっています。

「餓鬼に施す」

田舎に行くと、一般家庭でも日常から施餓鬼を行う風習を見かけることがあります。

米などを庭の片隅に置き、餓鬼に施す。

そういった風習がある家の方に尋ねてみると、その辺り一帯では昔からどこの家でもそういった習慣があるそうです。

一般の方の施餓鬼の事について、当方の信者さまにも何人か尋ねられた事があります。

中には、光明真言や般若心経をお唱えし、施餓鬼を行なっている方もいました。

我欲に囚われる事なく、他に施す事は素晴らしい事です。

他に施す功徳は巡り巡って返ってきます。

こういった風習がある事で、他を思いやる心が育って行くんだと感じます。

古くから根付く土地の様々な風習。

時代と共に失われつつありますが、無くならない、無くさないよう、祈りたいと思います。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/
プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR