寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

開白

本日、浴酒祈願を無事開白いたしました😊


fc2blog_20180531160914c09.jpg


桶狭間辯才天のお力を強く観じる大雨での浴酒供。

良い感じです😄

昨日お話しいたしました 「華水器」 には必ず房華、一房の花を浮かべます。


fc2blog_2018053116101091b.jpg

fc2blog_20180531161026413.jpg


今の時期は結構庭に色々な花が咲いていますが、敢えて植えて育てている花ではなく、自然に咲いている花を選び華水器に浮かべました。

華水供のときのみでなく、浴酒供のときにも華水を供えます。

修法の決まりではありませんが気持ちです。

浴油供の時にも供えることが多いです。

次の座には何を浮かべるか。

沢山花が咲いていますと華水に浮かべる花選びが楽しいです✨

バラなどの棘のある花は避けるべきかと思います。

また、四種法に合わせた色の花を選ぶのも良いですね😊

息災には白い花、増益は黄色い花、敬愛には赤系の花、調伏には黒い花はあまり無いので紫系の花。

華瓶に供える四種法の花は、香と同じで口訣されておりますがまたの機会に書きたいと思います。

合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

華水供

浴油供や浴酒供、浴餅供に対し 「華水供」 というものがあります。

東密での 「華水供」 は、あくまでも一面器の閼伽器をもっての 「華水供」 です。

特別に 「華水器」 などは供えません。

浴油供であれば 「潅油」 を除いた通常の十八道立てで修法することが 「華水供」 となります。

と、言いながら昔から 「華水供」 を修する場合 「華水器」 を供えることが多いように感じます。


fc2blog_20180531160932894.jpg

fc2blog_20180531160949996.jpg
 

清浄な閼伽水をなみなみと潅ぎ、一つの房花を浮かべ、白檀を入れる。

天部尊には最高のお供えです✨✨✨

「華水器」 は、なくても 「華水供」 。

あっても 「華水供」 。

「華水器」 を、事供養する所作は次第にありません。

通常は、只々供えるばかりです。

供養するのであれば、汁餅果を供養する際にするか、佛布施を供養するようにするか。

「華水」 をどう捉えるかで変わってきます。

また、天部尊に対しての心得。

どうするかは阿闍梨の意楽によります。

そういった中、私の相伝します浴酒供の次第には、何と 「華水器」 を供養する所作があります。

「華水供」 と 「浴酒供」 をそれぞれに修法するという概念で次第が立てられており 「浴酒供」 の 「潅酒」 を 「華水供」 の際には 「華水器」 を供養する作法が入っております。

このおかげで非常に自然でスムーズな修法ができます😊

明日からの辯天さまのご供養。

辯天さまとの楽しい時間を過ごしたいと思います😊

合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

摩尼寶珠王大浴酒祈願

明日から上半期 「摩尼寶珠王大浴酒祈願」 を開白いたします。


平成30年度上半期 「摩尼寶珠王大浴酒祈願」

● 開白 5月31日 〜 結願 6月6日 己巳日 



fc2blog_201712062255308f5.jpg


この地に示現し、信長に奇跡の勝利を与えた 「桶狭間辯才天」 をお祀りしております辯天堂での浴酒供祈願となります。

「桶狭間辯才天」 はその功績から 「奇跡の辯才天」 と呼ばれ、多くの方に奇跡を与えております。


※「桶狭間辯才天」 さまは御厨子に納めお祀りいたしておりますが、浴酒供祈願中は密かにご開帳いたしております。


この 「桶狭間辯才天」 さまのお膝元で浴酒供を厳修いたします。


浴酒供のご祈願を受付けるのは、己巳日、また上半期、下半期の大浴酒供祈願の際のみとなります。

ご祈願をご希望の方がありましたらご連絡ください。


● 通常祈願 : 5千円

● 特別祈願 : 1万円

連絡先 ↓↓↓

---------------------------------------
桶狭間辯才天 蓮龍院
メールアドレス support@renryuin.jp
TEL 052-625-2671
---------------------------------------


皆さまからいただきましたご祈願は丁重に浴酒供でご祈祷し、辯天さまの御神体に直接触れました、加持神酒に御札の元を染み込ませた加持札を送らせていただきます。

皆様のご祈願と共に、天下泰平、万物全てが福で満たされますことを心より祈ります。合掌



Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

心眼

今日はお不動さまのご縁日。

ここ何ヶ月か恒例の不動法二重を如法立てで厳修いたしました😊


fc2blog_201805282307482c9.jpg


不動となり不動を供養する。

今月も曼荼羅を荘厳していますので本尊さまのお姿は目では見えませんでしたが心ではしっかり観えております。

今年は何かと掛け軸を荘厳していますので本尊さまのお姿を拝見することが少なく寂しく感じますが、これが真言宗の本来の姿。

必要なときに必要な神佛の軸を荘厳し修法する。

目で見ることができないだけで、心の眼 「心眼」 にはいつも写っております😊

お不動さまは修行者の側にいて常に守ってくれます。

毎日に感謝です✨

合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

同じことを繰り返す

今日、テレビで平安時代から続く木地師の家に生まれ千百年の伝統を守る職人さんが言っていました。

「日々同じことをコツコツと繰り返すだけ。特別なことは考えない、何もしない」

この積み重ねが大切である。

この職人さんが作る 「お盆」 は、約一万円。

今時は100均でも買える 「お盆」 。

しかし、その内容を知ると、一万円以上の価値がわかります。

時間をかけて積み重ねた経験から生まれるもの。


これを神佛の世界で例えると、どんなに寺や神社に格式があっても日々、コツコツと自行をしない僧侶や神官の祈祷や供養には一切の意味がない。

それどころか拝む対象が神であればこちらに祟りが生じることもある。

葬式や法事ばかりしている僧侶が祈祷をすれば業、災いを受ける。

形あるもの全てがなくても、毎日コツコツと自行を重ねていれば、野原で最低限の法具さえあればその祈祷や供養は効験を生じます。

毎日、行法をし 「法」 の力を蓄える。

祈祷がよく効くと有名な行者さまの書き記しには、

「毎日コツコツと行法を重ねる行者には、その願いを託した時点で効験が現れる。その行者が訪れるだけで浮かばれない魂が成仏し供養が賄う。」

このように記されています。


「コツコツと積み重ねる」


職人さんの姿をみて、改めてこの大切さを実感いたしました😊


気がついた時に思いついたらするでは、何の意味もありません。

その時だけでも同じこと。

これはこの世の中全てのことに共通して言えます。

毎日同じことを繰り返す。

続けてられることに感謝です。

合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

時代の変化

時代の流れなのか、現金を持ち歩く人が少なくなってきているようで、以前から多数の信者さまにクレジットカードを使えるようにして欲しいとのご要望がありました。

確かに窃盗や盗難、様々な事件が多発する世の中。

現金を持ち歩くのが危険なのかもしれません。

また、どこでも使えるように時代が進歩し、ネット社会が発展した今の流れでは、そのようなご要望も納得できます。

古き良きもの、伝統は守っていかなければいけませんが、時代に合わせ変化していくことも大切なことです。

そういった皆さまのお声にお応えできますよう、今回 「PayPal(ペイパル)」 を導入いたしました。

「PayPal(ペイパル)」 に、アカウントをお持ちの方であれば、簡単にクレジットカード決済ができます。

アカウントの登録も簡単ですのでご興味がある方は一度ご覧ください。


PayPal ↓↓↓

https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/personal


皆さまに快く利用していただけますよう、できる限りのお声に応えていきたいと思います。

合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

辯天さまのご縁日

本日の巳の日詣りは早朝よりいたしました。


fc2blog_201805262230457fa.jpg


夏季の巳の日詣りは、お堂の都合により時間を早朝、もしくは本堂で行います。

その都度、変更がありますのでお詣りをご希望の方は事前にご連絡いただけますようお願いいたします🙇‍♀️

次の巳の日は 「己巳の日」 。

60日に一度の辯天さまのご縁日✨✨✨

「摩尼寶珠王大浴酒供」 

の厳修を予定しております。

近日、ブログ、フェイスブックで告知いたしますのでもうしばらくお待ちいただけたらと思います🙇‍♀️

合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

霊符 三

「霊符」 について自分で書いた場合、その効果は❓

と、ご質問いただきました。

きちんと書写した場合、一般の方が書いてもそれなりに効果はあると思います。

当然、身を清め、筆や墨はそれ専用に用意し、時間に気配りすればです。

只、私はお薦めいたしません。

昔、未熟だった頃、(今も全然未熟ですが...) 霊符を書写する度にクタクタになっていました。

「生気を吸い取られる」

まさに命を削られているような感覚でした。

また、書写するときの思いでその効果は実際の効果の真逆に出たりします。

霊符は自然エネルギーを象徴し、効果を発揮いたします。

そこに 「念」 が加わることで実際の効果と違う形になることがあります。

後はどれだけ正確に書写できるか❓

ある程度の法則を知っていれば、一つ一つのパーツの大きさ、間隔などは臨機応変に書けますが、そこがわからない場合、同じように書いたつもりでも、それは見た目だけで実は全く違う効果の霊符になってしまいます。


書くのであれば 「命がけ」 で書くことをお薦めいたします。


自然のエネルギーを使わしていただくということはそういう事です。


私が霊符を書いても大丈夫になったのは、日々の修法(自行)から得られる 「法」 の力です。

ついでに言えば幼少期からの霊に纏わる悩みからも解放されました😊


密教を日本に持ち帰ってくれたお大師さまに心から感謝です。

合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

霊符 二

昨日に引き続き霊符のお話です。


fc2blog_201805231459466e6.jpg


昨日ご紹介いたしました辰砂、賢者の石です。

この辰砂は、熱を加えることで水銀を精製できます。

熱と言っても空気中で400度から600度に加熱しなければいけません。

この加熱で水銀蒸気と亜硫酸ガスが生じ、この水銀蒸気を冷やし凝縮させると水銀を精製できます。


辰砂は 「霊符」 を作る多くの支具の一つ。

辰砂はただ混ぜるだけではありません。

どう使うのか❓

流石にそこは口訣となりますので秘密です😊

「霊符」 には、多くの口訣、秘伝があり、ただ書写するだけでは本来の力を引き出すのは難しいです。

そしてより 「霊符」 の力を引き出す方法があります。


ここからが 「密教」 と 「霊符」 のコラボ✨✨✨


ある神佛の御宝前で密教の開眼供をし、お加持をいたします。

「霊符」 を作るにあたり、筆や硯、墨等、関係する全ての法具、支具もお加持しておきます。

こうすることで 「密教」 と コラボした特別な 「霊符」 が完成いたします。

私の経験上、全く、その効験は変わります。

こうして作った 「霊符」 は、本来の力以上にその効験を発揮してくれます。

「霊符」 は、施主さまの想いに適したものを一枚一枚手書きし、開眼、お加持いたしております。

もし、こんな 「霊符」 が欲しいなんてご希望がありましたらご一報ください😊

期待に添えるような 「霊符」 がありましたらお作りいたします。

合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

霊符

私は幼い頃から様々な相談をされ、それに答えるべき方法を探ってきました。

その結果が私の場合、真言密教に行き着き今に至ります。

今に至るまで色々な経験をしてきました。

顕教での僧侶、各国の魔術なども幼い頃学びました。

ブードゥー教などの儀式で使うものが揃う市場も知っております。

アフリカのある共和国の市場では占い、魔術、儀式で必要なものが何でも揃うことで有名です。

動物の頭蓋骨、蛇や鳥の干物、角、人の頭蓋骨なども当たり前に揃っています。

こういった中、今でも密教に取り入れ、力を借りていますものがあります。

「霊符」

密教に基づいた加持札を祈祷の際、施主さまへ作りますが、それとは別に 「霊符」 をよく作ります。

この時、必ず必要とするのが辰砂です。


fc2blog_201805231459466e6.jpg


この辰砂の別名は 「賢者の石」 。

「賢者の石」 とは、錬金術師が卑金属を金に変へ、人には不老不死与える霊薬です。

また、誰しもが知る万有引力のアイザックニュートンも 「賢者の石」 について多く書き示すものが残っているそうです。

辰砂は中国で顔料、漢方薬の原料として珍重されています。

辰砂は熱を加えることで水銀を精製できます。

「賢者の石」 の材料は、硫黄、水銀、塩と言われております。

しかしこれは、理想な物質であり、現実の物質ではありません。

そのあたりのことは詳しく書きますと長くなりますのでまた機会があればにします。

辰砂が 「賢者の石」 と呼ばれるのは水銀の精製からでしょう。


続きは明日へ...


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/
プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR