FC2ブログ

寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

吉祥天 ご祈祷の受付

毎月8日、15日は、吉祥天さまのご縁日。

このご縁日に吉祥天さまのご祈祷を受付けております。


fc2blog_20180905164615f16.jpg


吉祥天は、吉祥天女菩薩と言われ、梵名は、ラクシュミー。

吉祥とは繁栄・幸運を意味し、幸福・美・富を顕しております。

また、美女の代名詞として尊敬を集めており、福徳神で有名な歓喜天、ガネーシャの義理の母でもあります。

七福神の一神でもあった吉祥天。

福徳に多大なお力を持ったお方です。

密教経典 『大吉祥天女十二契一百八名無垢大乗経』 では、未来には成仏して吉祥摩尼宝生如来になると説かれています。

天部尊でありながら、菩薩の顔も持っており、拝む行者の心でそのお姿を変幻させます。

そしてその修法は、まさに宝の雨が降り注ぐことを観じることができる、如意宝珠の法。

通常は、増益に拝みますが、災いを防ぐ息災にも拝みます。

吉祥天は、宝菩薩の化身。

宝の塊です。

増益、福徳といった分野では辯才天よりも上でしょう。

辯才天の一番の功徳は 「智慧」 に対し、吉祥天の一番の功徳は 「福徳」 です。

多大な福徳を授かり、災いを防ぐ、そして滅罪の要素も含むのが吉祥天です。

当院では毎月8日、15日に吉祥天の秘法、吉祥天法を厳修し、皆様のご祈願を祈祷いたしております。

重要文化財で有名な浄瑠璃寺の吉祥天。

その写しの吉祥天とラクシュミーを当院ではお祀りし、縁日であります毎月8日、15日に吉祥天の秘法、吉祥天法を厳修して皆様のご祈願を祈祷いたしております。

是非、吉祥天のご祈祷を受け、ご縁をお結びください

多くの方が吉祥天さまと良きご縁を結ばれることを心よりお祈りいたしております。

合掌


ご希望の方は下記メールアドレスまで必要事項をご連絡ください。


--- お申込必要事項 ---


○ お名前(ふりがな)

○ 生年月日

○ 郵便番号

○ 住所(ふりがな)

○ 願い事

ご費用一万円


・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

昔の人の言葉 地鎮祭

多い時には月に4、5回出向きます地鎮祭。

地鎮祭は当日、地鎮をするだけではありません。

まずは可能であればその土地に挨拶に行きます。

その際に少し土を持ち帰ります。

ご遠方の場合は土を先に送っていただきます。

密教の修法には、距離や時間は関係ありません。


fc2blog_20181007053011d88.jpg


地鎮をする土地の土を供え、堅牢地天さま、諸地神さまを地天供を如法に丁重に修し、ご供養、地鎮の成就、工事安全、何よりそこに住まわれる施主さまご家族のお幸せを祈ります。


fc2blog_2018100705295430e.jpg


今回の土は施主さまに送っていただいたのですが、小石等がよく取り除いてあり、施主さまの地鎮祭への心の清らかさを観じます😊

事前によく拝むところから地鎮祭は始まります。

そして施主さまには、竹を立てたり、土を盛ったり、穴を開けたり、お供えの準備をしたりと、当日の準備を一生懸命するところから始まり、その姿を土地の神さまはよく観ています。

地鎮祭当日は、そういった施主と阿闍梨の集大成であり、当日限りでは決してありません。

土地鎮め、地鎮はそんなに簡単ではありません。

土地を触ると必ず障りが生じると昔の人はよく言いました。

この言葉に間違いはありません。

私は土地の声をよく観じます。

その良し悪し、因縁、そういったことをよく観じることができます。

日頃、葬儀ばかりしているような僧に土地鎮めができるでしょうか❓

天は汚れを嫌います。

また、神の声を観じることすらできない、儀式作法のみの今時の地鎮祭に土地を鎮めることができますでしょうか❓

重ねて言いますが、地鎮はそんなに簡単ではありません。

だからこそ昔の人が言葉を残してくれているのです。

私がご依頼を受けて出向く地鎮祭は必ずしも地鎮が初めてのところばかりではありません。

改めて、きちんと鎮めて欲しい、やり直しの地鎮祭を頼まれることも多々あります。

少し感じやすい方は、土地の神さまの声が聞こえたり、夢に出てくるそうです。

土地の障りは必ず出ます。

そしてその障りは一番末端の子孫、子供達の将来に出ることが多いです。

そうならないためにも、手間暇はかかりますが、まともな地鎮祭を続けて行きたいと思います。

合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/
プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR