FC2ブログ

寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

自行

月曜日は週初めの浴油供。


20190930075048cb3.jpeg


時々、浴油供祈願について聞かれますが、残念ながら当院では浴油供祈願はいたしておりません😓

歓喜団のおさがりは、その時々、ご縁あります方々にお分けさせていただいております😊


何のための浴油供なのか問われる事もありますが、あくまでも自行のため。

祈祷を主にしておりますので、普段は比較的他行が多くなってしまいますが、自行なくして前には進めません。

縁者に対しても、自分に対しても大切なものとなります。

自行にて法の力を蓄える。

これが他行での効験に繋がる第一歩です。


行者は自行なのか、他行なのか。

しっかり意識して修法いたします。


聖天さまの浴油供は普段、三憲で修法していますが昔は中院でもしていました。

理性院で修法する機会もあります。


20191001113006377.jpeg


これは理性院流の太元帥御修法の聖天浴油供次第。

大雑把には整えていますがあと一歩のところで手付かずです😓

聖天供の復習も含めてもう一度、聖教や口訣を見直し、整えて修法してみようかと思います😊


明日から少しの間、尊勝法を修したいと思っております。

合掌



Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

己巳🐍

今日は己巳🐍

60日に一度の辯天さまのご縁日です✨✨✨


20190929073435728.jpeg


荼枳尼天供、壇荘厳の都合で今回は浴酒供はできません😓

そのため、今月は事前に浴酒供を厳修いたしております。


摩尼宝珠王浴酒秘法の浴酒作法を除き、摩尼宝珠王秘法として辯天さまを手厚くご供養させていたしました。

合掌


元々このお次第は、浴酒作法を略し、華水供として修法できますようになっており、別に供えた華水器を事供養する作法が次第に入っております。

天部尊の華水供といえば基本、通常の十八道立てです。

東密では特別、華水供という作法はありません。

聖天さまの華水供も特別な次第がある訳ではなく、浴油供の次第の浴油をしないことを華水供と言います。

そうなると華水はどこにあるのかと、たまに聞かれますが、目の前にあります。

六種供具の閼伽器。

これが華水です。

閼伽器には常に華と閼伽水を供えています。

本来は特別に華水器を用意したりはしません。


どうしてもと言う時、洒水に一印法、小供養法などで拝む時にはせめて華水器ぐらいは供えた方がよいかと私は思います。

そうは言いながらも私は天部尊の修法には、必ず供えますが。

如法には必要ということではありません。


天部尊をよく観じた上で行者がどう思うのか。

必要か必要じゃないのか。

あった方がよいのか、なくてもよいのか。

それは修法を重ねることで結果が得られるかと思います。


合掌



Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

ひと月の区切り

今日はお不動さまのご縁日🔥


20190928072238399.jpeg


不動法二重にてご供養させていただきました。

合掌


今、本尊さまの御前には別の神佛の御軸を祀っております。

本尊さまのお姿は見えません😅

しかし、行者の心にはしっかりとそのお姿は見えております😊


密教では古来より、その時に必要な神佛の御軸を本尊さまの御前に祀り、その法を修法すると学んでおります。

ですので時折、本尊さまのお姿は見えなくなります。


今は荼枳尼天の御軸を祀っております⛩


201909070938324ea.jpeg


本当は、この御軸の御前に荼枳尼天供の壇荘厳をしたいのですが、当院の狭さでは無理です😓

なので横隣の円壇に準備をしております。


201909271820094ee.jpeg


全然進んでおりませんが💧


本尊さまのご縁日であります、毎月28日がひと月の区切り。

また心改め、前に進みます😊


合掌



Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

完成を目指して

彼岸が明けて早速今日は浴油供。


201909272351335cc.jpeg


流石に廻向しながらの浴油供は控えていました。

彼岸を終えてもひと段落とはいかず、より一層拝んでいます😅


201909271820094ee.jpeg


彼岸中に準備したかった荼枳尼天供の壇荘厳。

結局、全然手がつけられませんでした😓

本当はもう少し大きめの土器(かわらけ)で荘厳したいところなのですが、壇上の都合でこの大きさになってしまいました。

このサイズの土器ですと、お供えの面も色々と考えなければいけません。


201909271820102cd.jpeg


後は、これで幣串と幣立てを五本作り、幣と銀の紙銭を作れば完成。

お供えを考慮し、揃えれば修法できます。


荼枳尼天法は通常の六種供具のみでも修法できます。

一歩踏み込んで修法しようと思えば、今回のような壇荘厳が必要となります。


こういった準備がまた密教の楽しいところ😊


次第を整える時、儀軌を確認したり、各聖教、口訣類を読みあさる。

これも楽しいひと時です✨✨✨

そして次第が整い、一座目の修法。

至福の瞬間ですね✨✨✨

拝みたかった本尊を招き、本尊となれる。

最高です✨✨✨


天部尊の行法では天部尊にはなりませんが😅

荼枳尼天供の壇荘厳。

頑張って完成を目指します😊


合掌




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

彼岸供養会成満

本日無事に彼岸の供養会、成満いたしました😊

皆さまからいただいておりますご供養は彼岸の七日間、毎日丁重にさせていただきましたことご報告いたします。


20190920081341653.jpeg


供養の行法では毎座、後供養の閼伽の後に本尊さまへ霊位をお伝えいたします。

この時にどこの誰がどの霊位の供養を希望されているかを述べます。

これはどんなに多くのご供養をいただいても必ず行ないます。

手間も時間もかかりますが、やはりご供養をいただいている以上はできる限り尽くします。


彼岸中は個々のご供養も何件かいただきます。

個々のご供養では、ご希望されます霊位に対し、一座の行法を設けてその霊位のみに尽くしたご供養をいたします。

先祖に問題があり、もう少し踏み込んだご供養をご希望される時にはお護摩をお焚きいたします🔥


こうして彼岸中は皆さまのご供養の他、座数は限られますが何座かご供養のための行法を修しております。

多い日は、総数が七座〜八座。

流石に八座は少し疲れます😅

壇荘厳と修法の繰り返し。

昔の行者はこんな感じで拝んでいたのでしょうか。

皆さまのお声をいただき、拝めますのは本当にありがたいことです😊


彼岸のご供養をお申込みの皆さまには本当に僅かばかりですが、お加持いたしましたお土砂をお分けいたします。

1、2週間の間にご発送いたしますのでご到着までしばらくお待ちいただけたらと思います。


皆さまのお陰様で彼岸の供養会を無事終えることが出来ましたこと心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。


合掌




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

壇荘厳 荼枳尼天供

「秋のお彼岸 先祖供養」 受付中

8月30日ブログ参照

「荼枳尼天加持符授与」 受付中

9月7日ブログ参照


彼岸も残すところ後一日。

明日で結願です。


この彼岸中に荼枳尼天供の壇荘厳完成を目指していましたが、思ったより進んでおりません😓

本来であれば壇線のない、方壇に荘厳したかったのですが、今回は円壇に荘厳です。

一旦、いつもの浴酒供の壇荘厳を片付。

こちらの壇には、胎蔵曼荼羅外金剛部院にでる大黒天、摩訶迦羅天を祀っておりますので荼枳尼天供にはよいかもしれません。


彼岸が明ける頃には壇を整えられたらと思っております😊


合掌


ご供養をご希望の方がありましたら、彼岸中のお申込もお受付いたしております。

下記まで遠慮なくご連絡ください。


・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671

・ 一霊位 : 三千円


合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

一座一座の行法

「秋のお彼岸 先祖供養」 受付中

8月30日ブログ参照

「荼枳尼天加持符授与」 受付中

9月7日ブログ参照


中日が明け彼岸も今日で五日目。

残すところあと二日間です。


この彼岸会の供養に修しています光明真言法。

亡者離苦得脱のために修する機会が多い光明真言法は、次第の構成も供養や回向のための入句をし、整えてあるものが多いように思います。


昨日、他の行法、観音法や地蔵法、お寺の本尊の諸尊法での供養の際には、どのようにしたらよいのかを尋ねられました。

お寺の本尊が天部尊であることは少ないと思いますが、仮にそう出会った場合は、他の尊での修法をお勧めいたします。


実際、普段のまま修法していただいてよいかと思います。

それでも、もう少し丁寧に修するということであれば、まずは表白を供養や回向のものを用いる。

もしくは、その尊の表白に、供養の文言を付け足す。

祈願であれば、祈願の文言を付け足す。


表白を用いず、常の行法の際には令法久住利益人天の後を過去精霊頓証菩提の為になどと入れ換える。

「令法久住利益人天過去精霊頓証菩提の為に」


神分の霊分に供養、回向の文を加える。

「過去精霊頓証菩提の為に」 

「〇〇信士の霊位、頓証菩提の為に」

など


発願や小祈願にも供養、回向の文を入れる。

「過去精霊 成等正覚」 

「過去精霊 頓証菩提」

など


行法の終わりの回向にも付け加えをする。

「回向過去精霊」

など


五大願五句目の終わりに付け加える句を

「過去精霊成佛道」

などの句にする。


こうすることで、何のための修法かがよく伝わるかと思います。

自身本尊によく示せます。


これは、私の手元にあります光明真言法の次第を元に書いており、あくまでも一例です。

行ずる行者がそれぞれにあった句をその都度、入句をしていただけたらと思います。


ペットの供養をさせていただく際の馬頭法では、その時に応じて入句をし、供養の行法に勤めます。


個人のご祈願をさせていただく時も、その都度、入句をいたします。

ですので一座の行法の間に何度も施主さまのお名前やその時の祈願が出てきます。


行法の骨組み、基礎は変わりませんが、何のための修法かを考え、修すること。

施主さまのお気持ちに寄り添い、修法すること。

同じ尊法の一座であっても、それは同じであって同じではありません。


行者にはそういった臨機応変が必要となります。

私の場合は、その都度考えて登壇している訳ではありません。

壇に上がり、本尊となる。

その時の降りてきた言葉をお唱えさせていただく。

祈願者さまのお名前や住所、生年月日、当年星や本命星などの最低限の情報は予め手元に用意しておきます。


こうして一座の行法を修します。


太鼓や読経のご祈祷も見た目にはよいかと思います。

只、基本はあくまでも行法あっての事。

行法なしでは、只のご法楽。

正直、洒水や小供養法、読経では、祈祷とは呼べません。

(日々、行法を重ねている行者であればこれで十分です。)


時間が掛かろうが、手間が掛かろうが、やはり丁重に壇上を荘厳し、準備をし、修法する。

これが密教の加持祈祷です。


願目(祈願、供養等)のために尽くす。

この思いを後に繋げていけたらと思い、日々、修法しております。


合掌


ご供養をご希望の方がありましたら、彼岸中のお申込もお受付いたしております。

下記まで遠慮なくご連絡ください。


・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671

・ 一霊位 : 三千円


合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

互いが支え合う

「秋のお彼岸 先祖供養」 受付中

8月30日ブログ参照

「荼枳尼天加持符授与」 受付中

9月7日ブログ参照


本日は彼岸の中日。

秋分の日です。

信者さまの仏前参りも今日まで、後半は行法により一層集中いたします😊


彼岸の中日は、この世とあの世が最も近づく日。

思いが通じる日です。

おはぎを供え、手を合わし、感謝を伝えてみてください。

お参りに行ける方は佛前、墓前で。

そうでない方は、自室でも構いません。

彼岸を是非、体感してください✨

何か気づきがあるかもしれません😊


行法で供養の徳を送りますのと一緒に、皆さまの感謝のお気持ちを送ってください。

お彼岸はご先祖さまと向き合い、ご供養することで極楽へ到達できるといった意味もあると言われております。


先祖と子孫。

お互いが支え合う。


こうして人生は育くんで生きます。


合掌


ご供養をご希望の方がありましたら、彼岸中のお申込もお受付いたしております。

下記まで遠慮なくご連絡ください。


・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671

・ 一霊位 : 三千円


合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

三界萬霊に届く祈り

「秋のお彼岸 先祖供養」 受付中

8月30日ブログ参照

「荼枳尼天加持符授与」 受付中

9月7日ブログ参照


彼岸三日目。


彼岸前半は意外とお参りが多く、行法の合間にお参りに出ます🚘

今日は法事もさせていただきました。

普段、お葬儀をしませんので法事も本当にたまにです。

私がお葬儀の導師として赴くのは、信者さまや信者さまの縁者、紹介、どうしてもといった時のみ。

ですので何年もお葬儀をしないこともあります。


浮かばれない魂に引導を渡してほしいといったお願いはたまにあります。

お葬儀を済ませたのに毎日枕元に亡くなられたが立ち苦しそう。

毎日夢に出てきて苦しさを訴える。

そういった相談もしばしばあります。


何が悪いのか。

こういったお話は、直接ご相談にみえられた方のみですが、私のわかる範囲ですがお話しさせていただいております。


とくにお盆やお彼岸の前後にはこういったご相談は多い。

世の中、真っ当な供養が受けられる霊位ばかりではないからでしょうか。


20190923091859085.jpeg


「三界萬霊」


いただいておりますご供養はもとより、一切全ての精霊に供養が行きとどきますよう祈ります。


合掌


ご供養をご希望の方がありましたら、彼岸中のお申込もお受付いたしております。

下記まで遠慮なくご連絡ください。


・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671

・ 一霊位 : 三千円


合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

続けていくことに意味がある

「秋のお彼岸 先祖供養」 受付中

8月30日ブログ参照

「荼枳尼天加持符授与」 受付中

9月7日ブログ参照


彼岸二日目。


2019092121560653d.jpeg

20190921215606b2c.jpeg


光明真言法と六字経法(章句観音供)。

双方の行法に加え、経文、陀羅尼等の読経。

施餓鬼供養。


供養に明け暮れる毎日も悪くありません😊


先祖供養は自分自身の供養。

普段の生活でその必要性を観じることは少ないかもしれません。

只、人生の大事を支え、導き、救ってくれるのはご先祖さま。

「気付いた時には遅かった」

そんなことはありませんでしょうか❓

人生の大難を小難、小難を無難にする。

それが先祖供養です。

また、先の災いに対しての予防。

大事における加持祈祷の効験も先祖の後押しが大きく左右するのも事実です。


「祖先敬慕は子孫の務め、子孫守護は祖先の悲願」


先祖を敬う気持ちは人の心に優しさを育んでくれます。

そして供養は続けていくことに真意、意味が存在いたします。


彼岸中のご供養、どこよりも丁重に、また如法に従い、密教の秘法をもって心をこめてご供養いたします。


合掌


ご供養をご希望の方がありましたら、彼岸中のお申込もお受付いたしております。

下記まで遠慮なくご連絡ください。


・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671

・ 一霊位 : 三千円


合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/
プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR