FC2ブログ

寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

佛母は行法の基礎

大福徳円満・大開運 「五之甲子三面大黒天護摩祈祷」  受付中

9月4日ブログ参照


「秋のお彼岸 先祖供養」 受付中

9月2日ブログ参照


昨日、開眼の適応に佛母の事を書きました。


先師さまのお言葉に、こんな事があります。

「佛母を修した事のない尊法の功徳は浅い」


各観音の法を修すのであれば、佛母である白衣観音法を十分に修さなければならない。

こういう事になります。

もっと言えば、総佛母である佛眼法の修法なしには、どの諸尊法の功徳も不十分。

修法に長けた阿闍梨さまの一言です。


明王の場合、今時は加行時に不動法(不動護摩)を修しますので、誰もがそのご縁を得ています。

これはありがたいですね。


「佛母は行法の基礎」


今時は抜き伝授で様々な諸尊法を学ぶ機会がありますが、本来は聖教の初めから順に学ぶべきかと思います。

如来から菩薩、明王。

順に学ぶ事で基礎が備わります。

天部はそういった基礎が出来てからの事。


どの分野でも基礎が出来てなければ全ては付け焼刃。

学べば学ぶほど心に沁みます。


合掌


干支のご縁佛、新春 「虚空蔵菩薩・祈願成就会」 祈祷受付中

12月7日ブログ参照


七難摧滅 ・ 四時調和 「孔雀経法祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


病魔降伏 ・ 悪疫(コロナ)封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

開眼の応用

大福徳円満・大開運 「五之甲子三面大黒天護摩祈祷」  受付中

9月4日ブログ参照


「秋のお彼岸 先祖供養」 受付中

9月2日ブログ参照


開眼供養。


年間、様々な開眼をさせていただくご縁をいただきます。

当院では祈祷を中心としていますので、葬儀や法事は少ない。

よって位牌の開眼は余りありませんが、祈祷札の開眼は毎日しております。


行者にとっての開眼、発遣は、日常的な事。

いつ何時でも修せて当たり前の事です。

「次第を見ながらする開眼は作法だけで、本当に御魂が入っていない」

昔、師僧によく言われました。


ありがたい事に毎日何かしらを開眼しておりますので、今では寝てても体が自然に動いてしまう程になってしまいました😅

開眼で多いのは尊像。

その他、宝篋印塔などの佛塔の開眼も年間、結構な数をさせていただいております。


以前も書きましたが、開眼、発遣とは本来、各諸尊法を用いる事が本義。

これ以外ありません。

今ある開眼作法なる次第等は、先師さま方々が便法により整えられたものです。


なので各種、様々な開眼に対応するには、行法の応用が必要な場面も多々あります。

観音像などは、地域性の強いお姿をした像も多く、諸尊法がないものもある。

元となる観音などを観じる事ができればよいのですが、それができない場合、どうするか。

そういった場合は、その尊格の佛母の法を修し、開眼、発遣いたします。

尊格も定まらない場合は、総佛母です。


観音であれば、白衣観音。

明王であれば、不動明王。

総佛母は、佛眼尊。


佛母の事は、一座の行法をよく理解して修法していれば、分かります。


どんな事柄も、物事をよく理解する事は大切な事。

行法も同じ事です。


合掌


干支のご縁佛、新春 「虚空蔵菩薩・祈願成就会」 祈祷受付中

12月7日ブログ参照


七難摧滅 ・ 四時調和 「孔雀経法祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


病魔降伏 ・ 悪疫(コロナ)封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

時代によって異なる聖教

大福徳円満・大開運 「五之甲子三面大黒天護摩祈祷」  受付中

9月4日ブログ参照


「秋のお彼岸 先祖供養」 受付中

9月2日ブログ参照


次第を整える際、同じ聖教でもより古いものを重視します。


202103301757542d1.jpeg


昔は聖教などは、書写しです。

そして書き写した際、必ず奥書をします。

この奥書が、重要な事を示す。

奥書が確かでないものは、信用性に欠けます。


古い聖教と新しい聖教。

何が違うのか。

時代背景によって、多少内容の取捨はありますが、基本、違いはありません。

只、やはり人の書写し。

何百年もの間となれば色々な事があって当然です。

そして現代の聖教では、省かれている事も多いのが事実。

そのため、新しいものと古いものとの、比較がとても重要と考えます。


私がよく見ます聖教の一つは、手元にあるもので古いものは1200年代。

もちろん、新しいものも手元にあります。

比較すると驚く事が多くある。

古いものが良いとは限りませんが、やはりなくてはならない。

欠かせない存在です。


人も物もご縁が大切ですね。

出会いに感謝です。


合掌


干支のご縁佛、新春 「虚空蔵菩薩・祈願成就会」 祈祷受付中

12月7日ブログ参照


七難摧滅 ・ 四時調和 「孔雀経法祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


病魔降伏 ・ 悪疫(コロナ)封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

神佛は観ている

大福徳円満・大開運 「五之甲子三面大黒天護摩祈祷」  受付中

9月4日ブログ参照


「秋のお彼岸 先祖供養」 受付中

9月2日ブログ参照


阿闍梨であれば必ずしています加行。


20210911222030c98.jpeg


これは三憲の四度次第。


得度し授戒、加行と進み灌頂入壇。

多くは、本山の学院等に入学し、進んでいく道のりです。


その他に、稀ではありますが自坊加行というものがあります。

これは基本、本山の末寺で行う加行。


当たり前ですが、加行とは行。

行中はしてはいけない決まりがあります。

食事もその一つ。


学院のように、完全管理されていれば然程苦労はありません。

管理されてない状況になれば成る程、自己管理が必要となる分、大変です。


しかし、神佛はしっかりと観ています。

それは今後の人生で必ず受ける罰。

今なのか先なのか。

それは分かりません。

一つ言えるのは、必ず受ける時が来るという事です。


灌頂入壇の際、まず三昧耶戒を授かります。

その後、金剛界、胎蔵界(流によって異なる事があります)へ入壇。

各間には僅かですが、時間があります。

私が仁和寺で灌頂を受けた時、この僅かな間にしてはいけない事をした受者の方がいました。

その方は灌頂中、信じられない事が起きました。

何が起きたかは、ここでは書けませんが先に書きました

「神佛は観ている」

この事を確かに実感します出来事です。


この様に直ぐに起これば分かりやすいのですが、いつどうなるかは分かりません。

何年後なのか、何十年後なのか。


俗世界と同じで出世間も知らず知らずは許されません。

神佛の世界は俗世間よりずっと厳しい世界です。


合掌


干支のご縁佛、新春 「虚空蔵菩薩・祈願成就会」 祈祷受付中

12月7日ブログ参照


七難摧滅 ・ 四時調和 「孔雀経法祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


病魔降伏 ・ 悪疫(コロナ)封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

梵文

大福徳円満・大開運 「五之甲子三面大黒天護摩祈祷」  受付中

9月4日ブログ参照


「秋のお彼岸 先祖供養」 受付中

9月2日ブログ参照


昨日、漢文の事について書きました。

密教を学ぶ上でもう一つ、大切な語学があります。

それは梵文。


次第の真言は全て梵文、梵字が理想です。

梵文には、句義があります。

真言は、在家の方が唱えるのであれば、一生懸命お唱えいただければ大丈夫です。

只、阿闍梨はそうはいきません。

本来、阿闍梨である以上は知っていて当たり前。

しかし、今時はそうはいきません。


学びながら進むしかない。

今時の次第は、カナ真言を多く見かけます。

一世代前のお次第は、梵字真言が殆ど。

この事自体が真言行者の質が落ちたことを表しているのかも知れません。


カナ真言の次第は、梵文に置き換え、句義を加えていきます。

これが中々勉強になる。


お大師さまは、入唐された際、まず何をしたか。

まず、梵文を学んだと聞いております。


この事自体が密教を学ぶのに、必ず必要な事を物語っています。

梵文は漢文同様、日々、学ぶ一つです。


合掌


干支のご縁佛、新春 「虚空蔵菩薩・祈願成就会」 祈祷受付中

12月7日ブログ参照


七難摧滅 ・ 四時調和 「孔雀経法祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


病魔降伏 ・ 悪疫(コロナ)封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

漢文

大福徳円満・大開運 「五之甲子三面大黒天護摩祈祷」  受付中

9月4日ブログ参照


「秋のお彼岸 先祖供養」 受付中

9月2日ブログ参照


四度加行の際、どんな次第を使うか。

ここで行者としての一歩が変わります。


2021091121183807d.jpeg


これは私が仁和寺で伝法灌頂を受ける際、加行で使った西院流の護摩次第の1ページ。

一二点等が付いた優しいものですが、漢文です。

今時は、ルビの付いた読み下しの加行次第も多くあります。


私のように学歴のない者にとっては、簡易的な漢文でも大変でした。

只、加行を漢文次第で出来たのは凄く幸運。

後の学びに繋がる。

密教を学ぶ資料等は古いものは当然のように漢文です。


20210911213130c83.jpeg


これは大蔵経、密教部の1ページ。

こいったものが読めなければ、深いところまで学べません。

中には古いものを読み下し、出版してくれてるものもありますが、聖教など基本は漢文です。


漢文を読み下す力。

これが必要になってきます。


今でも漢文を読む力はまだまだ序の口ですが、日々学び、半歩でも前に進む努力はしています。

そんな中で、加行次第が漢文であったことに心より感謝を感じます。


学歴のある、賢い方々にとっては何の関係もないお話ですが😅

頭の悪い私は心底そう思います。


合掌


干支のご縁佛、新春 「虚空蔵菩薩・祈願成就会」 祈祷受付中

12月7日ブログ参照


七難摧滅 ・ 四時調和 「孔雀経法祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


病魔降伏 ・ 悪疫(コロナ)封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

次第

大福徳円満・大開運 「五之甲子三面大黒天護摩祈祷」  受付中

9月4日ブログ参照


「秋のお彼岸 先祖供養」 受付中

9月2日ブログ参照


次第とは本来、師僧から許可を得て書き写すもの。


20210820124218c54.jpeg


それは四度加行からです。


しかし、今時はお金で買える次第もある。

只、通常は次第を買っても正しく修することはできません。

それは次第通りに出来たとしてもです。

次第は伝授を受けなければ正しく修法できないように記しています。

これは故意。


昔より覗き見をしたりする不法者を神佛より罰するためです。

正しく修法できなければ越法罪により罪を受ける。


密教に限らず、様々な呪法はこのように法を隠します。

中には料理のレシピや詩のように書き記し、その内容は法を正しく受法した者でなければ分からないようになっているものもあります。


これは秘密にする事が目的でなく、正しく法を伝えるため。

その法に対し、器があり、次へ伝えられる者。

無法にならないためです。


この秘密裏に対し、否定的なことも耳にしますが、これは大日如来の教え。

密教行者であればどんなことよりも先ず守らなければいけないことです。


合掌


干支のご縁佛、新春 「虚空蔵菩薩・祈願成就会」 祈祷受付中

12月7日ブログ参照


七難摧滅 ・ 四時調和 「孔雀経法祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


病魔降伏 ・ 悪疫(コロナ)封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

柴燈護摩へ出仕

大福徳円満・大開運 「五之甲子三面大黒天護摩祈祷」  受付中

9月4日ブログ参照


「秋のお彼岸 先祖供養」 受付中

9月2日ブログ参照


本日は柴燈護摩へ出仕。


20210906082855a7d.jpeg


感染対策で昨年に続き参詣者は無しです。


お寺、神社等で行います法要、神事は、神佛への勤め。

参詣者の有無は関係ありません。

神佛に対しての事。

そこにどうしても人が集まってしまうのであれば、実施の有無も考えなければいけませんが、神佛への勤めは変わりません。

基本、一人でも行います。

法要に大小は関係ありません。


どんな時でも衆生のため、神佛に祈る。

それが密教僧です。


合掌


干支のご縁佛、新春 「虚空蔵菩薩・祈願成就会」 祈祷受付中

12月7日ブログ参照


七難摧滅 ・ 四時調和 「孔雀経法祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


病魔降伏 ・ 悪疫(コロナ)封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

甲子・三面大黒天護摩供祈祷受付

大福徳円満・大開運 「五之甲子三面大黒天護摩祈祷」  受付中

9月4日ブログ参照


「秋のお彼岸 先祖供養」 受付中

9月2日ブログ参照


令和3年9月13日に迎えます

「五之甲子」

は、60日に一度の三面大黒天さまのご縁日。

この吉祥日であります 「甲子」 に、当院では年間通して、三面大黒天の秘法

「三面大黒天増益護摩供」

を、厳修し、皆さまの富貴繁栄、大福徳円満、大開運を祈ります。


202101140936409c7.jpeg


9月13日は、今年五度目の 「甲子」 日。


物事は初めが肝心という言葉があります。

その最初、始まりを司るのが大黒天。

中でも三面大黒天の功徳は、格別だと云われます。


物事を良きスタートで切りたいと思われる方。

また大福徳円満、大開運の祈祷をお求めの方。

是非、三面大黒天さまの功徳をお受け取りください。


ご希望の方が居られましたら遠慮なくお申込みください。


合掌


「秘法・三面大黒天増益護摩祈祷」

● 通常祈願 : 五千円

● 特別祈願 : 一万円


ご希望の方は下記メールアドレスまで必要事項をご連絡ください。


--- お申込必要事項 ---


・ お名前(ふりがな)

・ 郵便番号

・ ご住所(ふりがな)

・ 電話番号

・ 生年月日

・ 願い事

・ 祈願の種類(通常祈願 ・ 特別祈祷)


・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


皆さまの富貴繁栄、大福徳円満、大開運を三面大黒天さまにお伝えいたします。


合掌


干支のご縁佛、新春 「虚空蔵菩薩・祈願成就会」 祈祷受付中

12月7日ブログ参照


七難摧滅 ・ 四時調和 「孔雀経法祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


病魔降伏 ・ 悪疫(コロナ)封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

秘法とは秘観

「秋のお彼岸 先祖供養」 受付中

9月2日ブログ参照


一気に涼しくなりましたね🍃

行法しやすく、嬉しい限り😊

じっくり観じる事ができます✨


まぁ暑くても寒くても行法中は集中できますが、準備や片付けは随分と助かります😌


印には真言があり、観があります。

そして観に併せた動き。

印は結んで真言を唱えるだけでは意味がありません。

三密により成就します。


一座の行法の中にある道場観。

どれ一つとっても全てが大事であり、繋がりを大切にしなければいけませんが、中でもしっかり観じなければならない、重要な一つ。


道場観の道は智。

場は理。

壇は心。

大八識所有諸法を観じ顕す。

これが道場観です。


小野方の諸尊法の道場観では、楼閣や種子、三昧耶形から観じる事が多いですが、当たり前に器界を十分に観じる事ができるのが前提。

広観を観じる事が当然です。


また道場観には曼荼羅を観じる時と単身を観じる時があります。

曼荼羅は曼荼羅を観じる。

単身の時には本尊、眷属の他、四摂八供を観じる口訣がある。


次第は、書いてあることだけでは不十分。

阿闍梨として備わっていることは、一々を示しません。


秘法とは秘観。

観じる事が最も大切です。


合掌


干支のご縁佛、新春 「虚空蔵菩薩・祈願成就会」 祈祷受付中

12月7日ブログ参照


七難摧滅 ・ 四時調和 「孔雀経法祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


病魔降伏 ・ 悪疫(コロナ)封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/
プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR