FC2ブログ

寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

感謝✨

大福徳円満・大開運 「納甲子三面大黒天護摩祈祷」  受付中

10月29日ブログ参照


「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照
受付延長11月21日迄


香合。


20211108153136598.jpeg


先日、九州の大先輩にいただきました香合。

根来塗の香合です。

手前の小さい方が香合。

奥の大きなのは、正念誦箱です。

この正念誦箱も根来塗。

同じ大先輩からいただきました。

お揃いです✨


2021110815313300b.jpeg


中身は沈香。

行法に使う香合は、蓋のロックは基本無し。

もしくは、ワンロック。

回して開けるタイプのものは、使いません。

行法には、ある程度の流れがあります。

香合を開けるという動作が、この流れを止めてしまわない様、昔より行者間の口訣です。


今回いただいた香合も、ロック無し。

行法に気持ち良く使えます。

いただきました大先輩に感謝です🙇


合掌


人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す 「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照
受付延長11月21日迄



Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

昔を思い出す話

大福徳円満・大開運 「納甲子三面大黒天護摩祈祷」  受付中

10月29日ブログ参照


「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照
受付延長11月21日迄


土地の障り。

これまで何度か書いてきましたが、土地(家屋)を触れば障りが出る。

今時は余り耳にしませんが、昔はよく聞きました。


これは、新築で家屋等を建立する時は当たり前ですが、実は壊す時が非常に怖い。

これも何度か書いています。

この壊すは、リフォームなども含みます。

只、リフォームの時には度合いによる。

少々の事でも、水回り等箇所によっては、祓いや鎮めを行う方が無難です。

逆に箇所によっては行わなくてもよいこともあります。


私の行う範囲では聞くことありませんが、他所からは今でも耳にします。

最近もお聞きしました。


家屋をリフォームしたところ、家族のお一人が不幸にあったそうです。

こういった時、障りを受ける多くは病気等で弱っている方、又はお子様が多いように観じます。

聞くところ、大々的なリフォームで結構な範囲を取壊し。

このタイミングで起きたと仰ってました。

一応、祓いは行ったそうですが、その方曰く、気持ち的なものだったそうです。


何もせず、何もなければそれに越したことは無い。

只、何かあっては時間は戻せない。


こういったお話を昔よりよく聞いてきました。

土地や家屋を触れば必ず障りが出る。

とくに旧家屋の発遣、取壊しは怖い。

これに携わる行者は命がけで接しなければいけない。

最初の師僧にしっかりと叩き込まれました。


土地の障りのお話をお聞きしますと、今でも鮮明に思い出します。


合掌


人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す 「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照
受付延長11月21日迄



Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

納甲子・三面大黒天護摩供祈祷受付

大福徳円満・大開運 「納甲子三面大黒天護摩祈祷」  受付中

10月29日ブログ参照


「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照
受付延長11月21日迄


令和3年11月12日に迎えます 「甲子」 は、今年最後となる

「納甲子」 です。


甲子は、60日に一度の三面大黒天さまのご縁日。

この吉祥日であります 「甲子」 に、当院では年間通して、三面大黒天の秘法

「三面大黒天増益護摩供」

を、厳修し、皆さまの富貴繁栄、大福徳円満、大開運を祈ります。


202101140936409c7.jpeg


11月12日は、今年最後の 「納甲子」 日。


物事は初めが肝心という言葉があります。

その最初、始まりを司るのが大黒天。

中でも三面大黒天の功徳は、格別だと云われます。


迎える新年、令和四年を良き歳にしたい方。

物事を良きスタートで切りたいと思われる方。

また大福徳円満、大開運の祈祷をお求めの方。

是非、三面大黒天さまの功徳をお受け取りください。


ご希望の方が居られましたら遠慮なくお申込みください。


合掌


「秘法・三面大黒天増益護摩祈祷」

● 通常祈願 : 五千円

● 特別祈願 : 一万円


ご希望の方は下記メールアドレスまで必要事項をご連絡ください。


--- お申込必要事項 ---


・ お名前(ふりがな)

・ 郵便番号

・ ご住所(ふりがな)

・ 電話番号

・ 生年月日

・ 願い事

・ 祈願の種類(通常祈願 ・ 特別祈祷)


・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


皆さまの富貴繁栄、大福徳円満、大開運を三面大黒天さまにお伝えいたします。


合掌


人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す 「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照
受付延長11月21日迄



Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

密教の秘法

「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照


本日は不動縁日🔥


20211101123257fad.jpeg


不動息災護摩供、厳修いたしました。

ひと月の間、無事に過ごせました事に感謝です。





不動息災護摩は、火天段、部主段(降三世)、本尊段(不動)、諸尊段(三十七尊)、世天段から成り立ちます。

※流によって内容は異なります。

本尊、不動を中心に火天や世天、部主、諸尊を供養。


各段でお招きします尊の御口に直接供物を投じ供養する。

護摩供は、その供養を強く実感いたします。


「密教の秘法」


護摩供はまさに密教の秘法です。


火を焚き、読経や祝詞を唱えて祈るのは護摩ではなく、御火焚きです。

護摩と混沌していますが、御火焚きは護摩ではありません。

何でも火を焚けば護摩という事ではない。


東密で云えば、加行を成満し、伝法灌頂に入壇した阿闍梨が修するのが護摩供です。


秘法を修し、本尊を供養できる。

この事に感謝し、ひと月の感謝と共に修させていただきました。


合掌


人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す 「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

七星如意輪息災護摩法

「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照


七星如意輪息災護摩法。


20211101114734416.jpeg


この護摩供には、浅略と深秘があります。

当院で修していますのは深秘。

部主段に訶利帝母。

本尊段に如意輪観音。

諸尊段に七星如意輪曼荼羅(北斗、訶利帝、八供四摂等)。


息災護摩の多くは、諸尊段によく三十七尊を用います。

その際、混沌供に諸尊を加える事をします。

しかし、七星如意輪の護摩供では、七星如意輪曼荼羅を観じます。


当院では、厄徐祈願の際にはよく修します。

当たり前ですが、七星如意輪息災護摩は、七星如意輪法に付く護摩供です。


何度も書いていますが、天部を除く全ての諸尊法に護摩供が付きます。

諸尊法は護摩供を修して初めて完成する。

諸尊法だけではその功徳は半分。

そうお言葉を残されています阿闍梨さまも居られます。


私自身もやはり一尊法の完成は、護摩供を修すことだと強く観じます。

不動法の完成は、不動息災、または不動調伏護摩を修す。

七星如意輪法は、七星如意輪息災護摩を修して初めて完成いたします。


星に関連する修法。

七星如意輪法もその一つ。


北斗供、属星供と併せて修法する事でより功徳を得られる法の一つです。


合掌


人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す 「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

混沌しない

「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照


分ける意識という事でもう一つ。

浄巾。

これは神佛に使うものを拭く用のものです。


神佛に使う物は、人が使う物と混沌しません。

はっきり分けて使います。

人のものと共有する事はなく、神佛に使っていた物をお下がりで、人が使わせていただく事はあっても、その逆はありません。

新品で神佛用に求め使うのは大丈夫です。


日頃から意識していれば、当たり前の様に思いますが、以外と混沌しているの見かけます。

一座の行法を終えましたら香華を整えます。

火舎の香を盛り直し、六器の華を盛り直す。

この時、六器は重ねて閼伽場で一番上に閼伽を灌ぎ、閼伽、塗香、華鬘の順に決まった反数で濯ぎ繰り返していきます。

こうやって濯いでいけば、前供養の閼伽器、塗香器、華鬘器、後供養の閼伽器、塗香器、華鬘器が入れ違うことなく、いつも同じ位置にあります。

ちゃんと加行した行者であれば、そんな事は当たり前。

しかし、意識がない場合、これがごちゃ混ぜになってしまう。


こういった所に行者としてどれだけ神佛に意識を持っているかが現れます。

それが祈りへと繋がっていく。


祈祷の効験へと繋がっていくと学びます。


合掌


人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す 「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

修法壇

「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照


昨日、分ける意識について書きました。

この分けるで最も大切なのは、修法壇です。


回向の壇で祈祷はご法度。

この事は古くから伝わっています。

今時は混沌していることをよく見かけますが、本来は大壇で回向はしません。

回向は別に回向用に別壇を構えます。

また、回向堂を建立し、お堂を別に分けます。

この形式は、密教系の寺院ではよく見かけます。


本堂では回向をしてはいけない。

これも有名な阿闍梨さまのお言葉です。


この事も、神佛の事。

祈祷の事を熟知していれば納得です。

そうなる意を理解できます。


修法の基本は、神佛のことをよく知る事から始まります。

本尊の事。

眷属の事。

本尊が曼荼羅であれば曼荼羅の事。

そしてそれを知るには本軌をしっかり熟知する。

修法を学ぶのは、それからです。


修する法に纏わる各尊の事を知り尽くさずして、行法の成就はあり得ないと学びます。

一尊法を学ぶ。

伝授を受けた日が始まりであり、そこからが学びの始まりです。


合掌


人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す 「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

分ける意識

「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照


分ける意識。

行者の大事な心得です。


回向に使う法衣や袈裟、念珠等は祈祷に使いません。

祈祷では、様々なものを分けて使う。

回向に使うものと一緒にしてはいけないと、師伝より伝わります。


祈祷に使うものは、祈祷にのみ。

お葬儀や法事に使うものを祈祷に使うのはご法度。

只、こういった事は神佛のことをよく知って祈祷していれば、自ずとそうなる。

当たり前の事だと気づきます。


この分ける物とは、法衣や袈裟、念珠だけではありません。

白衣や襦袢、足袋、そして下着に至るまで全てです。


また、聖天供は格別で更に聖天供用の用意が必要と学びます。

一面器や聖天供用の法器を洗うスポンジや洗剤。

拭き取る浄巾。

何から何まで、全てが聖天供用に用意。

これは、誰もが知る有名な聖天行者さまのお言葉です。


この様な事は、行者として日頃、どれだけ神佛を意識しているか。

それにより自然に身につく事柄。

神佛に対し、どれだけ真摯に向かっているか。

行者の心の現れを示します。


神佛をお招きし供養を施す行法では、こういった行者の心が効験と繋がっていきます。


合掌


人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す 「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

流派に合わせた散杖

「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照


柳の枝。


20211029105353c26.jpeg


随分と前にご近所で柳の木を伐採するという事で、許可を得ていただいてきました。

目的は、散杖に使うためです。


今時は、佛具屋さんに頼めばいつでも買えますが、行者としては作り方を知っておかなければいけません。

本山によっては、加行時に散杖は自分で作らせます。

また散杖は、修法する流派によって異なりますので、修法する法の流に合わせて使います。


散杖に使う木は、梅などの吉祥木。

柳も吉祥木です。

修法によっては、散杖に使う木が定められている事もあります。

水天供には柳の木の散杖を使うなど。

柳は上でも書きました通り、吉祥木ですのでどの法にも通用して使うことができます。


散杖を作るには、まず吉祥木の枝を用意します。

なるべく真っ直ぐな枝。

それを十分な時間をかけて、乾かします。

この時に少し曲がっていれば、真っ直ぐなものに縛って形を矯正。

何ヶ月もかけて乾かします。


乾きましたら、長さを整え切断します。

長さは、一肘。

一肘は、行者によって異なります。

長さを整えたら、皮を剥きます。

皮を剥いたら、使う流に合わせて切り込み等を加えて完成です。


私の場合は、少し拝んで加持をしてから皮を剥きます。

散杖は、必ず木の枝に限ったことではありません。

木の枝以外の物で散杖を作る流派もあります。


佛具屋さんで買う散杖は、切り込みなどが始めから入っているものがあります。

その切り込みが、自分が修する流派の物であればいいのですが、中々そうはいきません。

知らず知らず使っているのもよく見かけます。

自分で作ればそんな事はありません。

皮を剥いた、ある程度の長さがある無加工の梅などの枝であればありがたいですね。

こういった散杖も佛具屋さんで取り扱っているかと思います。


この柳もこれから長さを合わせて切り、皮を剥き散杖として仕上げます。


合掌


人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す 「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

日々の修法を忘れない

「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照


地鎮や屋祓は、その場の状況によって異なります。

セオリーは、ありません。

只、修法する法は、ある程度決まっています。


地鎮であれば土公供。

しかし、今時の土地の鎮めは土公供だけでは不十分なので、地天供も併せて修法いたします。

実際は修法中に観じる土地の状況に合わせ、鎮めています。


普通に考えれば当たり前ですが、土地や家屋の状況は千差万別。

同じ状況はあり得ません。

同じでない以上、状況に合わせた対応が必要なのは当たり前のことです。


状況を観じ取り、必要な法を修する。

加えて必要な対処。


これはあくまでも正しく、如法に各修法を修すことができるのが前提です。

主軸となる修法が正しく修せなければ先はありません。


どんな事にも言えること。

基本無くして応用はあり得ません。


地天供にしても、水天供にして日頃から修している積み重ねの結果。

その日限りの修法では無理です。

それで結果が出れば、そんなに恐ろしい事はありません。

必ず、何かの形で返ってきます。


日々の修法を忘れない。

行者の嗜みです。


合掌


人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す 「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/
プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR