FC2ブログ

寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

六観音次第

「辯才天 己巳祈願」 受付中

3月28日ブログ参照

「開運厄徐祈願 星供養」 受付中(当年星供)

2月4日ブログ参照


六観音のお次第、正観音法と馬頭法が完成いたしました😊


20190330114102be1.jpeg


どちらも秘鈔を底本として整えております。

正観音法は、薄草紙では本尊印を二種説いているのに対し、秘鈔では五印。

また種子も異なります。

馬頭法での薄草紙は本尊一印に対し、秘鈔では三印。

種子は同じですが、或の種子をもう一つ示しています。

この違いはどの儀軌を底本にしているかで異なります。

儀軌が異なることで、同じ印でも真言や所作に違いがあることもあります。

只、印が多いから効験が出るということではありません。

これは行者の相性だったり、考え方です。

薄草紙に説く次第がしっくりくればそれが一番ですし、秘鈔がしっくりくればそれが一番。

肝心なのは、どちらも学ぶということだと思います。

双方の違いを学ぶことで、それぞれを深く知ることができます。


今は、准胝観音法を整え始めています。

六観音の次第を整える中、十一面法や千手法は既存の次第でとても良いものがあります。

如意輪法につきましては、四度加行の十八道次第があります。

それをあえて整え直すのは、より深い学びを求めること。

また、行者の赴きに準じた次第を整えることに目的があります。

基本、次第は聖教通りですので誰が整えても内容は全て同じです。

しかし、既存の次第で伝授を受け修法するのと、伝授を受けた後、自身で儀軌や聖教、口訣類を改めて学び、整え、修法するのでは大きく差が生じます。


密教の学び、修行に終わりはありません。

こうして次第を整えることも修行の一環だと私は考えます。


合掌



Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/
プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR