FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す
「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

8月22日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

人の心を平和にする

「限定・水天供祈願」 受付中

5月8日ブログ参照・受付数限定


昨日書きました外敵降伏。


20190529114150eeb.jpeg


ただ単に 「外敵」 と検索してみますと、

「外部の敵。外国から攻めて来る敵」

と、出てきます。

また、太元帥明王には、

「密教の明王。

元来は佛教外の鬼神であったが、佛教では生あるものを害するすべての悪鬼、悪獣、悪人を打ち滅ぼす。

忿怒相で、四面八臂、六面八臂などさまざまな姿で現される。

日本には、平安前期に伝わり鎮護国家、外敵降伏のため信仰された。

奈良秋篠寺の木像が有名。」

と、出てきます。


実際、戦時中は外敵降伏の祈祷牌を掲げて、敵国に壇を向けて降伏、調伏祈祷をおこなっていたと先師さまから聞いたことがあります。

しかし、これは本来の降伏、調伏祈祷ではありません。

戦争が起きないよう日々拝む事が基本ですが、もし、戦時中に降伏祈祷をするのであれば、人の争う心、気持ちを伏し調える祈祷になります。


「人の心を平和にする」


これが降伏、調伏の本質です。


また降伏、調伏は、本来自身の煩悩、心中の敵に向けてする修するもの。

他に向けて修するものではありません。

自行に用いる法。

他行に用いるには、それなりの心得が必要です。

何度かブログに書いておりますが、降伏の対象を何にするかは阿闍梨次第。

物の良し悪しが使い手によって変わるように、法も修法する行者、阿闍梨によって変わります。


法を正しく修し、正しく伝える。


しっかり精進していきたいと思います。


合掌




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/