FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

「年末先祖供養」 受付中
ブログ近日アップ予定


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

「しとき」 とは

先日書きました荼吉尼天のお供物。

この

「しとき」

についてご質問がありましたので少し書いておきます。

「しとき」

とは、ひとつの次第には 「餅」 と記しています。

また、

「蒸して練った餅米」

「餅状にした芋の発酵食品」

とも学んでおります。


和漢三才図会という日本の書物には

「しとき餅」 とは 「御鏡是也」

と記しています。


「しとき」 という言葉は日本の北部、アイヌ文化に伝わっており、栗や芋、黍を団子にしたものを 「しと」 と呼び、首飾りの装飾に使います円い金属、円鏡を 「しとき」 と言うようです。


このようなことから 「しとき」 には

「丸餅」

を、供えております。


ただ単に 「丸餅」 と書くより、本来の意義を知って供えること。

これが大切であり、後の世に伝えていかなければいけません。

古次第に 「しとき」 と書いてあった場合、それが分かるように伝える、単に丸餅だと言ってしまわないようにしなければいけません。


今時の形にすること自体には問題はありません。

ただそれは、本来の形を知っていればという事を忘れてはいけません。


合掌



Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/