FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

「吒枳尼天頓成悉地法」受付中
5月12・13日ブログ参照

「開運厄徐祈願・星供養」受付中
4月1日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

彼岸先祖供養開白

本日、秋の彼岸先祖供養、光明真言法を開白いたしました。

皆様からいただきましたご供養は今日から七日間、より丁重にさせていただきます。


fc2blog_201609192107160eb.jpg


期間を設けて供養や祈祷を行う場合、必ず一座目に作壇作法を行い、表白をお唱えします。

そして最後の座には結願の作法をし、感謝の気持ちをもって佛布施等のお供えを加え、破壇作法を終えてその祈りの成満と成ります。

結願の作法を始め、作壇、破壇の作法は普段から用いて修法していなければいけない大事です。

また佛布施など、各流でその作り様が異なるものも、普段から心がけておく事が必要です。

「佛布施」は佛菩薩に供養する衣類のことで、近代では奉書等の紙をもってその意を表していますが、本来は絹、木綿の布を用いていました。

本軌は大日経・具縁品。

作り方、修法時の供え方、實修していくことで身についていきます。

真言行者はこういったことを怠らないことで真の加持力を発揮すると考えます。

より丁寧な供養を、祈祷を、御霊に応え、施主に応える。

一座、一座を大切に祈り、彼岸中のご供養に勤めます。合掌