FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

「年末先祖供養」 受付中
ブログ近日アップ予定


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

木像の天尊

開運厄徐祈願 星供養のお知らせ(当年星供)

2月17日ブログ参照


fc2blog_20180215010555048.jpg


聖天浴油供三日目、結願。


202003020812366a0.jpeg


三日間の浴油供。

結願いたしました😊

いつもながらにあっという間ですね。

やはり一週間はしたいところですが、そこは我慢😅


皆さまのご祈願を大切に丁重にしたいので😊


聖天さまの天像(御本体)について時々聞かれます。

一般的には金物が多いですが、実は聖天さまで有名な古刹では香木の天像で浴油供をしていたことがはっきりと現代に残っています。

ある有名な高僧が最もご祈願で浴油供をしていた聖天像は沈香。

白檀の天像でも浴油供をしています。

香木は重みもありますので浮いたりはしないと、習っております。


実際、浴油供をしてみると分かりますが、天像が軽くても直接油に浮かべることはないので木像でも大丈夫です。

只、あまりに軽いと油を灌いだ時に倒れてしまいますので限度はありますが。

また、油が溜まるような天座だと浮いてしまうでしょう。


木像の聖天さまは、浴油供を修すれば修するほど油が染み込み、味が出てくるそうです😊


聖天さまで有名なお寺では歴代の阿闍梨が拝んできた聖天像がいくつもあります。

そういった中には木像もあれば金像もあり、様々。

金や銀で作るようになったのは比較的近年になってからだと聞きます。


ご縁があれば沈香や白檀の天像も良いですね✨


合掌


令和2年、今年度の開運厄徐祈願、星供養をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


大福徳円満・大開運の 「初甲子三面大黒天護摩祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


季病封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/