FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

「年末先祖供養」 受付中
ブログ近日アップ予定


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

お彼岸中日。

「秋のお彼岸 先祖供養」 受付中

9月2日ブログ参照


お彼岸中日。


2020092408350122c.jpeg


今日はお彼岸の中日です。

私もですが、悪疫流行でお墓参りに行けない方もまだまだ居られると聞きます。

行けないならこちらからお招きし、ご供養。

皆さまからいただいております各位精霊を招き、ご供養させていただいております😌

合掌


20200924114158dd5.jpeg


金剛盤の上には、金剛鈴、五股杵を具ます。

そこに今時は三股杵、独鈷杵を一緒に具えています。

その置き様は、流によって異なりますが、一座の行法では使うことはありません。
(使う流もあります)

只、使うことがないのは、行者が使っていないだけで、実際には具えがあれば使います。

三股杵は洒水加持に。

独鈷杵は散念誦に。

具えがある時には、この様に用いると学んでいます。


とは、言いながら癖付いていないと、ついつい忘れてしまいます😅

なので私は、具えがある壇では普段から使っております。


ある伝では、三股杵と独鈷杵は別々の盤に具えるともあります。

実際、古刹の荘厳を拝見させていただくと別盤に具えているのを見かけます。

金剛盤の上には、金剛鈴、杵のみの荘厳も多い。


行者には、その時々で状況に合わせて修法する応用力が必要です。

環境に合わせての修法は、眼で見えていることに限らず、眼に観えない事柄にも通じる。


日々の細やかな心遣いが出す結果が効験へと通じます。


合掌


大福徳円満・大開運 「五之甲子三面大黒天護摩祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


病魔降伏 ・ 悪疫(コロナ)封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/