FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

お盆・ご供養の受付中
7月19日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

軍荼利法伝授

干支のご縁佛、新春 「虚空蔵菩薩・祈願成就会」 祈祷受付中

12月7日ブログ参照


本日は以前よりお願いされていました伝授会。


20210118113113180.jpeg


大阿として軍荼利法の伝授をさせていただきました。

また僭越ながら新しく建立された軍荼利明王尊像の開眼の導師も勤めさせていただきました🙇‍♂️


今年はお願いされています伝授を順々にしていこうかと思います。

まだまだ学ぶ側であり、他に法を教えるなど痴がましい身分ですが、学んだ法を伝えないことは、密教では重罪。

得手不得手という中で言うのであれば、あまり得意ではありませんが、これも阿闍梨の役目です。


私の場合、伝えた法を次に伝えられる様な伝授を心がけています。

口訣類は口頭のみでなく、まとめてお渡しする。

次第も整えたものをお渡しする。

そうすることで、次に伝えやすくなるかと思います。


昔であれば、大阿さまが仰られた事を書き留め、それを次に伝えていました。

只、PCなどが発達した今、時代に合わせた形で伝えて行くことは大切だと考えます。

環境や状況に合わせることも必要。

できる限り、間違わず伝えることが最良です。


聞いた人によって違っていく事が法流の乱れとなる結果をよく見かけます。

できればこの様な事がない様に伝わっていく事が望ましい。


そういった事を念頭において伝授に臨んでいます。


他に伝える事は、自身の大きな学びとなる。

伝えると言う事は、お互いの学びです。


合掌


七難摧滅 ・ 四時調和 「孔雀経法祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


病魔降伏 ・ 悪疫(コロナ)封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/