FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す
「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

8月22日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

「佛母大孔雀明王経」

干支のご縁佛、新春 「虚空蔵菩薩・祈願成就会」 祈祷受付中

12月7日ブログ参照


先日、ご奉納いただきました🙇‍♂️


20210421101930027.jpeg


「佛母大孔雀明王経」 三卷

心より感謝申し上げいたします🙇‍♂️

ありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️


施主さまのご健康とご繁栄。

そして悪疫早期終息を祈り、早速、読誦させていただきました。


孔雀経は孔雀経法そのもの。

この経を知らず、孔雀経法の修法は成り立ちません。

孔雀経法や六字経法。

◯◯経法と名のつく修法の主体は全て題目に出るお経です。

修法中、当然本尊は出て来ますが、その本尊はお経そのもの。

孔雀経法の本尊は孔雀明王でなく、孔雀経だということを忘れてはいけません。

その主体となるお経を知らないということは、本尊の外見は知っているが、中身は何も知らない。

そういった状況です。


孔雀経は、曼荼羅に限らず、尊像を祀り、昼夜問わず不断で孔雀経を読誦した歴史もあります。

不断経は大勢の僧侶で交代しながら、何日もお経を読誦します。


今回は不断とはいきませんが、朝昼晩と一日中読誦させていただきました🙇‍♂️


お経を読ませていただけるというご縁。

ありがたいですね😌

孔雀経法をより深く知るためのありがたい時間です😌


合掌


七難摧滅 ・ 四時調和 「孔雀経法祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


病魔降伏 ・ 悪疫(コロナ)封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/