FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

「新春・大財宝招来祈祷」 受付中
1月1日


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

自身兼行

開運厄徐祈願 星供養のお知らせ(当年星供)

4月21日ブログ参照


如法愛染法。


20210614120102b01.jpeg


この法は、承暦四年十一月、白河院御祈のため範俊阿闍梨が修したのが始めとされています。

修始したのは、白河院二十五歳の時、厄除延命の祈り。

この時、大壇に敬愛、降伏の護摩壇を自身兼行で修したと聞きます。


自身兼行とは、護摩師を用いず、大阿が大壇の行法と合して日に三々九度の行法を修す。

大阿一人で大壇の行法を散念誦、大金剛輪を残し、敬愛護摩壇へ登壇。

その後、降伏護摩壇へ登壇し、大壇へ戻り残りの行法を修す。

これを日に三座。

うちでもこの形で修したいのですが、護摩壇を二壇設けることが難しく、護摩は一壇となってしまいます💧


以前、私も大壇の行法を大金剛輪を残し、護摩壇で護摩供を修法。

その後、神供を修して、聖天壇で浴油供。

引続き十二天壇で十二天供。

大壇へ戻り残りの行法を修法。

これを日に三座。

自身兼行での大法をした事があります。

何日か修法いたしましたが、片付け準備だけで相当のものでした😅


只 「日の全てを祈りに集中」 できます。


こういった経験は、普段の修法に繋がっていく。

現代の行者にとって大変有難い時間です。


合掌


干支のご縁佛、新春 「虚空蔵菩薩・祈願成就会」 祈祷受付中

12月7日ブログ参照


七難摧滅 ・ 四時調和 「孔雀経法祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


病魔降伏 ・ 悪疫(コロナ)封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/