FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

「年末先祖供養」 受付中
ブログ近日アップ予定


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

血脈

開運厄徐祈願 星供養のお知らせ(当年星供)

4月21日ブログ参照


今日明日の二日間は伝授会。

早朝より奈良へ🚗


諸尊法についての修法の歴史は大変、大切なものとなります。

修法の歴史とは、過去、何方が何の為に修法したか。

先日書きました、如法愛染であれば範俊阿闍梨が白河院御祈の為に修始した。

こういった事柄は、事相にとってとても重要です。


ただ単に次第が拝める。

それでは阿闍梨と云えません。

多くの先師さま方が残されてきた歴史は、我々行者の記憶でもあります。


阿闍梨であれば、誰しもが必ず持っています血脈。

持ってない阿闍梨は居ません。

少なからず伝法灌頂入壇の際、受けた灌頂の流の血脈を持っています。


その後、学びが進み、ご縁をいただけば他流の許可灌頂入壇等にいただく血脈。

何かを相伝する度に、印信と血脈は必ず受けます。


この血脈をみれば、どの様に伝わってきたか一目瞭然。

学者さんのように、ここの誰々が怪しいなどと言う、学的な側面は我々行者にとってはあまり関係ない。

行者は伝統を大切にし、重んじる事。

そう学んでおります。


「血脈」 によって、脈々と受け継がれる。

歴史もその一つです。


諸尊法の伝授は、儀軌云々と始まりますが、必ず、その歴史も伝えなければいけません。

それが法を絶やさず、今に伝えてくれた先師さま方への報恩謝徳です。


合掌


干支のご縁佛、新春 「虚空蔵菩薩・祈願成就会」 祈祷受付中

12月7日ブログ参照


七難摧滅 ・ 四時調和 「孔雀経法祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


病魔降伏 ・ 悪疫(コロナ)封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/