FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

秋のお彼岸・先祖供養 受付中
9月7日ブログ参照

人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す
「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

8月22日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

作壇と破壇

開運厄徐祈願 星供養のお知らせ(当年星供)

4月21日ブログ参照


作壇と破壇。

これは行者にとっての嗜み。

いつどこでも出来て当たり前の所作です。


加行の時には、護摩にしか出て来ません。

本来であれば、十八道から開白には作壇、結願には破壇としなければかと思います。

これは加行、初行、正行と各々にです。


以前も書きましたが、私の場合、各祈願毎に作壇と破壇をいたします。

「同じ壇」 でどの祈願も一緒に拝むことはしません。

この 「同じ壇」 とは、目の前の大壇でなく、修法中に行者が創り出す壇のことです。


開白の前に作壇をし、その願いの為だけの壇を作る。

修法期間が終われば破壇、壇を返します。

これは密教の基本。

木壇を常設するのは、あくまでも方便。

基本は土壇です。


掃除等で壇を動かす時も必ず破壇。

据置ましたら、再び作壇。


特設に設けます壇にも開白には作壇、結願には破壇です。

月に一度設ける、この時だけは特別になどと言う時もです。


当院では、どのご祈願も最低一週間は修法しますので、一座のみという事がありませんが、一座のみであればその座の初めに作壇、終わりに破壇です。


こうしてますと、ほぼ毎日、作壇と破壇をすることになりますので自然と覚えてしまう。

屋祓い等の修法も同様です。


作壇と破壇。

これは、施餓鬼や神供同様、行者にとっての嗜みとなります。


合掌


干支のご縁佛、新春 「虚空蔵菩薩・祈願成就会」 祈祷受付中

12月7日ブログ参照


七難摧滅 ・ 四時調和 「孔雀経法祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


病魔降伏 ・ 悪疫(コロナ)封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/