FC2ブログ

寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

東海三十六不動尊巡礼修行 第一番〜第四番

東海三十六不動尊巡礼修行 第一番〜第四番

当院で同行者と共に「不動法」を納め、第一番の札所、犬山市にあります「成田山名古屋別院 大聖寺」へ出立。

年始4日ということもあり、初詣の参拝で賑わっていました。


fc2blog_20170105125552374.jpg


丁度、お護摩の時間に迎えられ、本堂参拝をさせていただきました。

この一番札所で「東海三十六不動尊」の納経帳をいただきます。

「東海三十六不動尊」のご集印をいただくと、各札所のお不動さまの御影がもらえるようです。何年か前に巡礼した時にはありませんでした。


20170105161112256.jpg


「大聖寺」さんの御本尊は「不動明王」さま。

本山は全国的にお不動さんで有名な千葉にあります「成田山新勝寺」です。平安期にお大師さまが嵯峨天皇の勅願により敬刻開眼し、国家安穏、万民快楽、五穀豊穣の護摩法を修し、霊験あらたなご尊像として知られています。

当初、神護寺に祀らていましたが、東国の平将門の乱を鎮めるために、寛朝大僧正によって遷座、乱をおさめ、成田山新勝寺が開山されております。

「大聖寺」さんには「大師堂」がございます。

一番札所の「大師堂」で巡礼の無魔成満を祈りました。


fc2blog_201701051256229b3.jpg


そして「大聖寺」さんには「三十六童子」さまのお像が祀られており、これは珍しいかと思います。

お不動さまの大事な眷属であります「三十六童子」さま。


fc2blog_20170105125751175.jpg


こちらにも手を合わせ第ニ番の札所、すぐ近くになります「継鹿尾山八葉蓮台寺 寂光院」へ。

「寂光院」さんは尾張地方最古の歴史を誇り、奈良の元興寺、道昭僧正が孝徳天皇の勅命により七堂伽藍を創建。

まず、三百二十段ほどあります石段を登り本堂へお詣りです。


fc2blog_2017010513002926a.jpg

fc2blog_20170105125952799.jpg


本尊さまは、日本武尊御作と伝えられる「千手観世音菩薩」さま、脇侍にお不動さま、毘沙門さまをお祀りしております。

本堂横には大随求尊を祀るお堂があります。こちらにもお詣りし、札所のお不動さまが祀られる不動堂へ。

こちらのお不動さまは何とお大師さまが石に刻まれたと伝えられる石造です。


fc2blog_20170105125924f3c.jpg

fc2blog_20170105125939475.jpg


こちらのご住職さまは各地で活躍されていまして、色々なところでそのお話を耳にしております。その素晴らしいご住職さまともお話ができ、良きお詣りができました。

「寂光院」さんを離れ、今度は少し離れた場所になります第三番の札所「宝部山龍華院 地蔵寺」へ。

「地蔵寺」さんは、聖武天皇神亀三年(七ニ六)、行基さまによって開創されました。


fc2blog_20170105130040223.jpg


本尊さまの「延命地蔵菩薩」さまも行基作と伝えられています。

元は法相宗で開創から約百年後の弘仁年間(八一〇〜ニ四)に、嵯峨天皇の勅命でお大師さまが近郊の真清田神社に参籠された際に伽藍の改装をし、真言密教の寺院となりました。真清田神社の別当職も地蔵寺が担うことになり、同神社内に末寺般若院を置いて、同社のすべての行事を司っていました。

お詣り当日はお寺さまがお留守でしたので、外にご用意してくださっています印をお借りし自身で押し、御影をいただき次へと足を赴きました。

第四番の札所は「地蔵寺」さんの直ぐ側、「長沼山華王院 萬徳寺」さんです。

「萬徳寺」さんは称徳天皇の命を受けた慈眼上人さまが神護景雲二年(七六八)に創建、阿弥陀三尊をお祀りしたのがはじまりです。その後、鵜沼川(木曽川)が氾濫し、寺は荒廃したが、承和元年(八三四)にお大師さまが再興しました。

お大師さまが如意宝珠を三ヶ所に埋納していますのが奈良の室生寺、山形の恩徳寺とこの「萬徳寺」さんです。

東密の密教僧にとって、最も大事なお寺です。


fc2blog_2017010513004473a.jpg


「萬徳寺」さんには「多宝塔」も残っています。

「多宝塔」にもお詣りをして本日の巡礼修行は打ち止めです。


次回は第五番の札所から第十二番まで巡礼し修行に勤めたいと思います。合掌


インスタ http://instagram.com/renryuin/
プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR