FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

●三面大黒天秘法   「一時千座秘法」 祈祷受付中
6月24日ブログ参照

●大福徳円満・大開運 「四之甲子三面大黒天護摩祈祷」  受付中
6月23日ブログ参照

●安鎮曼荼羅・不動鎮宅五方之符  受付中
6月25日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

行法の繋がり

せっかくなのでもう少し佛眼法について。


20210823223014d21.jpeg


佛眼尊は、金胎両部の総毋。

私が主流としています流派では、諸尊法に悉く佛眼加持を加用する。

この事は、総母であるからです。


行者は、この事をよく考える必要があります。

佛眼尊の存在。


何を開眼するにも、佛眼尊の加持を行う。

この尊の事をよく知らず、開眼できるでしょうか❓

私は毎日祈願札を開眼いたします。

他、尊像や曼荼羅。

位牌にしても墓石にしても塔婆にしても、必ず開眼には佛眼加持をし、佛眼咒を唱える。


日頃、これだけお世話になっています佛眼尊。

よく知らずにはいられません。


この尊の尊法を修している行者と修していない行者では、開眼の深みが異なる。

佛眼法を修している行者の開眼は深い。

そうでない行者の開眼は浅い。

先師さまより、そう学んでいます。


この事は、護摩供の部主にも同じ事が云えると伝わります。

不動護摩であれば、降三世や般若菩薩。

日頃から部主の尊法を修している行者の護摩供は深く、そうでない行者の護摩供は浅い。

このように学んでおります。


「繋がり」


行法には、繋がりがあります。

この事をよく観じる事が、行法を追求することに欠かせません。

そしてそれが効験へと繋がっています。


行者は行法の成就を求め、追求する事を忘れてはいけません。


合掌


干支のご縁佛、新春 「虚空蔵菩薩・祈願成就会」 祈祷受付中

12月7日ブログ参照


七難摧滅 ・ 四時調和 「孔雀経法祈祷」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


病魔降伏 ・ 悪疫(コロナ)封じ祈願をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671


縁結び・良縁成就の 「愛染明王敬愛祈願」 をご希望の方がありましたら下記まで遠慮なくご連絡ください。

・ メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
・ TEL 052-625-2671




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/