FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

「年末先祖供養」 受付中
ブログ近日アップ予定


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

日々の修法を忘れない

「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照


地鎮や屋祓は、その場の状況によって異なります。

セオリーは、ありません。

只、修法する法は、ある程度決まっています。


地鎮であれば土公供。

しかし、今時の土地の鎮めは土公供だけでは不十分なので、地天供も併せて修法いたします。

実際は修法中に観じる土地の状況に合わせ、鎮めています。


普通に考えれば当たり前ですが、土地や家屋の状況は千差万別。

同じ状況はあり得ません。

同じでない以上、状況に合わせた対応が必要なのは当たり前のことです。


状況を観じ取り、必要な法を修する。

加えて必要な対処。


これはあくまでも正しく、如法に各修法を修すことができるのが前提です。

主軸となる修法が正しく修せなければ先はありません。


どんな事にも言えること。

基本無くして応用はあり得ません。


地天供にしても、水天供にして日頃から修している積み重ねの結果。

その日限りの修法では無理です。

それで結果が出れば、そんなに恐ろしい事はありません。

必ず、何かの形で返ってきます。


日々の修法を忘れない。

行者の嗜みです。


合掌


人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す 「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/