FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

「吒枳尼天頓成悉地法」受付中
5月12・13日ブログ参照

「開運厄徐祈願・星供養」受付中
4月1日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

自然を観じ声を聴く

「開運厄徐祈願・星供養」受付中

4月1日ブログ参照


---------------------------------------------------


金剛薩埵法

20240418104810af2.jpeg

一七日修してきました尊星王供も残すところ一座で結願。

あっという間ですね😊

天部尊へは護法善神としての教令が阿闍梨の勤めです。


金剛薩埵法は、その為の自行。

天部の法は金剛薩埵と成り、教令することが本意となります。

金剛薩埵の法を修し、結願の座に望みます。


我々行者は日々、天体を観て吉凶を判断いたします。

妙見、即ち北斗七星は人の運命、生死を司る。

それを星の色等、様々な事柄にて判断いたします。


本来であれば夜空の下、北斗七星の下で星の法を修して観じることが一番。

堂内で修すのであれば、修法の中で承仕にその色等を伺うか、又、導師が一度下礼盤し、星の下で様々なことを観じ、戻って修法する。

私は自身で一度下礼盤し星と語り、戻り修法を終える。

このようにしています。

星々からいただいた事に加へ、壇へ戻り修法に戻ることで更に御啓示をいただけます。


自然を観じ声を聴く。

これが行者の本質か思います。


合掌


運命を編集し諸事、想いのままに叶う森羅万象の祈祷
「新春祈祷 ・ 泰山府君祭」 受付中


1月24日ブログ参照




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/