FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

「吒枳尼天頓成悉地法」受付中
5月12・13日ブログ参照

「開運厄徐祈願・星供養」受付中
4月1日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

供養法の完成

「開運厄徐祈願・星供養」受付中

4月1日ブログ参照


---------------------------------------------------


尊星王息災護摩供

20240420193310910.jpeg

本日からは尊星王の息災護摩供です。

座数は七座ですが😅


今日の名古屋の気温は日中で26度。

これぐらいの気温ですと、うちの護摩堂は37、8度程です。

護摩の修法中に暑さ寒さは関係ありませんが、準備や片付け時はやはり暑いですね💦

後夜と遅めに修します初夜の座は、まだまだ涼しくて快適です✨


四種法により息災なので起首は初夜。

一日目は初夜のみの一座(開白)。

二日目は後夜、日中、初夜と三座。

三日目は後夜、日中と修し、初夜で結願となります。


うちの護摩壇のサイズでは壇上に尊星王供の荘厳が少し困難となりますので、今回は離壇。

供養法は大壇で修し、護摩供を護摩壇で修した後、大壇へ戻っての修法となります。


北斗護摩も毎月、何座か焚きますがこれも離壇。

壇のサイズ的に七流の幡を荘厳することが困難となりますので供養法と分けて修しています。


離壇、合壇どちらで修しても一座の修法に何ら変わりはありません。

合壇で修せるなら合壇の方が礼盤を降りたり登ったりする手間は省けます。


護摩供とは、供養法に付くもの。

天を除く全ての法に護摩供は付きます。

※ 一部の上位の天には護摩供があります。

よって供養法は護摩供を修し、始めて完成です。

供養法だけでは半分以下という口伝があることから、護摩供の大切さが窺えます。


今回は七座のみではありますが、ありがたく尊星王の護摩供に勤めさせていただきます。


合掌


運命を編集し諸事、想いのままに叶う森羅万象の祈祷
「新春祈祷 ・ 泰山府君祭」 受付中


1月24日ブログ参照




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/