FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

「吒枳尼天頓成悉地法」受付中
5月12・13日ブログ参照

「開運厄徐祈願・星供養」受付中
4月1日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

壇上は行者の心

「開運厄徐祈願・星供養」受付中

4月1日ブログ参照


---------------------------------------------------


尊星王息災護摩供
七座結願

20240422113608ce0.jpeg

本日結願いたしました。

途中、お手伝いに来てくれた信者さま方々に感謝です🙇‍♂️


供養法の壇荘厳に片付け、護摩壇の荘厳に片付け...

一人では中々大変だったので大変助かりました😊

心より感謝、申し上げいたします。

ありがとうございました。

合掌


一日の間、六、七座の修法自体は全然平気ですが、そこに一座毎の壇荘厳が大変な修法が入るとバタバタなのは確か。

とくに護摩供は準備、修法、片付けに結構時間を取られます。

そこに尊星王供は、日中に加へ初夜の荘厳も大変。


通常であれば初夜の供物は六器のみなので四面とは言え大したことはありません。

後夜は粥八杯、これも手間はかかりません。

日中は大小の佛供各八杯に木田汁を供えるので荘厳に一番時間がかかります。


これも一面だけならなんてことないのですが、四面となると少し手間となるのは正直なところ。

但し、壇上は神佛をお招きする神聖なところです。

大変だからといって手を抜くわけにはいきません。


一座、一座、丁寧に、より如法に準備、壇を荘厳するのは、どんな修法も当たり前。

そこに行者の心が現れます。

清らかな心をもって接すれば、清らかな壇上になる。

どんな人からみても、それは一目瞭然。


その心の清らかさが効験へと繋がります。


合掌


運命を編集し諸事、想いのままに叶う森羅万象の祈祷
「新春祈祷 ・ 泰山府君祭」 受付中


1月24日ブログ参照




Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/