FC2ブログ

寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

舎利と宝珠

密教では「舎利」と「宝珠」を同一とみる法と別にみる法があります。

「舎利」=「釈迦」という形で「舎利法」を用いず「釈迦法」を用いると聞書等に記しています流もあります。

「舎利」=「釈迦」=「宝珠」


「宝珠の実体は自然道理の釈迦牟尼如来の分身である」

「御遺告」の一文ですが、上記の三種が同一ということを現しています。


昨日、ブログに書きました通り、「舎利法」には、本軌があります。

この本軌中に「舎利法は殊に末法時の衆生を利益し、現当二世の求願を満足させる法」と口伝されています。

末法時とは簡略に言えば仏法がなくなることです。

出世間にその身をおく僧侶としては、正しき仏法を世に伝えていくためには「必要な法」と考えます。


また、密教において「宝珠」は最も大切な存在です。

「御遺告」には、如意宝珠(能作性)の作り方が記されています。

この如意宝珠(能作性)を作るときに必要な物の一つに「仏舎利」があります。

このことから「舎利」「宝珠」一体の習いがみられます。


「舎利」「宝珠」

それぞれをどう拝むのか?

どう修法するのか?


別伝には、「舎利」は「舎利法」だけの本尊で一門の主であるが、「宝珠」は広く諸尊に通じ、所合の尊として如法愛染法、如法尊勝法の如く修す。

すなわち「舎利」は一門の法であり、「宝珠」は普門の法であると説いています。


どちらも大切な法とし、修法を重ねて、拝んでいき、学んでいきたいと思います。合掌


インスタ http://instagram.com/renryuin/
プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR