FC2ブログ

寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

古戦場慰霊

19日は桶狭間古戦場の月命日。

合戦があったとされる日は5月19日(旧暦)です。

今でも時々、この土地に住む方から夜寝ている時に馬の足音が聞こえる、ある場所に朝方、白い馬がつながれているのを見かけるといった声は少なくない。

この白い馬がよく目撃される場所は戦評の松と言い、今川義元の本陣の設営を終えた瀬名氏俊隊が、松の下で軍議を開いたことから、戦評の松と言われております。

初代の松は、樹齢400年を超える、直径1m以上の立派な松でしたが、昭和34年、伊勢湾台風で枯れてしまいました。

今の松は3代目です。

今現在の刈谷に住んでいた漁師が、5月19日(旧暦)の夜がまだ明けない頃、魚を名古屋の市場に届ける途中、この松の下で休んでいました。

すると松の上の方から白馬に跨り、白装束姿の今川義元が現れ、漁師にこのことを絶対に他言無用他人と口止めし、今の大池の方角に去りました。

それから、漁師はこのことで悩み続け、ついには友人に打ち明けました。

するとその漁師は翌朝、亡くなってしまいました。

このことを打ち明けられた友人はが新聞社に話、何十年か前に載っていたのを覚えています。

戦国の世でどちらが正しく、どちらが悪いといった善悪はありません。

ただ、無念の想いを抱いて亡くなった魂、何の罪もなく巻き添えになり、亡くなった魂。

こういった多くの魂は成仏できず、今も迷い、姿を現しているのは間違いありません。

少しでも多くの方が手を合わせ冥福を祈り、供養を続けていくことが大切です。

続けていくうちに、いつの日か、必ず全ての魂が迷うことなく成仏し、極楽浄土に導かれることを心より祈り、供養に勤めたいと思います。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/
プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR