FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

秋のお彼岸・先祖供養 受付中
9月7日ブログ参照

人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す
「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

8月22日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

天部尊修法の覚悟

本日無事に聖天浴油供結願いたしました。

結願後、聖天壇を綺麗に掃除いたしました。


fc2blog_201707162108207cf.jpg

fc2blog_20170716210836b5e.jpg


洗浴中の聖天さまのお姿を見ていますと穢れが取れ、清浄になっていきます。

浴油中、油を潅ぐ聖天さまのお姿は歓喜に溢れとても美しいです。

聖天さまの浴油供や辯天さまの浴酒供、大黒天さまの浴餅供などは、そのご利益目当てに修法しては大変危険です。

基本、護法善神としての働きを願うことを第一に願わなければいけません。

聖天さまの浴油供は特にです。

物事には、浅い理解と深い理解があります。

表面上のご利益にとらわれず、天部尊の深い功能を理解し修法する事が必要です。

後は金剛薩埵として教令する事。

こうしたことを忘れず接することで生まれるのが本当の天部尊のご利益です。

私の聖天供の始まりは、小さな聖天さまの香合佛です。


fc2blog_20170716210850f5b.jpg


この香合佛を前に、十一面法を始め、後に華水供を勤めていました。

そうしているうちに浴油供用の聖天さまをお招きすることになり、師匠からのご縁で聖天厨子をいただきました。

聖天さまを拝むという事は、一生をかけ聖天供を修法する覚悟が必要です。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/