FC2ブログ

寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

呪い…

当院では毎月6日に大徳明王様の調伏護摩を焚いております。

「大徳明王調伏護摩法」「調伏法」

この言葉を調べてみますと

・「怨敵は調伏され、狂い死ぬか病死するか、はたまた偶然による突然の死が訪れる」
・「三角檀を作り、真言一万遍。怨敵の人形を用いると言われる。呪いの力は大きく、敵は病を得たのち横死する。」
・「まじないによって人をのろい殺すこと」
・「神仏に祈り人を呪い殺すこと」  云々

この類いの言葉が多く出てきます。

とくには「呪い」に関係することが多いように感じます。

実際には密教における「調伏法」は一切「呪い」とは関係ありません。

悪心を伏す、魔を伏す、例えば鎮護国家のための「調伏法」であれば国にもたらす悪影響を伏すといったことが本来の「調伏法」となります。

しかし「悪」を伏すこの強力な力を個々のもの、また人などに向けて修法してしまえばその力は壮絶に感じます。
国に入ってくる悪を伏す力を個々に向けて修法する、こいった間違った使い方が「呪い」に繋がる始まりになったと考えます。

実際には戦時中、敵国に壇を向け、調伏護摩法を修法していた話なども耳にしたことがあります。

また一説には第二次世界大戦中、敵国に向けて調伏護摩法を修法した阿闍梨様が護摩中、お堂ごと火事となり大火傷をしてしまい、この阿闍梨様は「第二次世界大戦は多くの犠牲者を出し、日本は負ける」と予言されたそうです。

現実に長崎、広島に多大な被害を受け終戦となりました。

「調伏法」=「呪い」

私はこの誤解をもっと多くの人に知ってもらいたい、また今の自国を守るには必要な法と感じ、隠す事なくこの法を修法し、少しでも自国の安泰を祈っております。

当院では加持祈祷を主に活動しておりますが、個人の依頼で「調伏法」を修することはありません。

「呪い」ではなく、正しく清い姿勢で鎮護国家のため「調伏法」を修法し、悪心、悪行を戒め、伏すための法だと伝えていきたいと思います。合掌
プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR