FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す
「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

8月22日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

メッセージ

先日、光明三昧会の後、師匠と兄弟弟子で大阪、あべのハルカス美術館でやっています

「奈良 西大寺展」

に、行ってきました。


fc2blog_20170905003027cf1.jpg

fc2blog_20170905003023cfc.jpg

※図録です、買ってしまいました😊


聖武天皇と光明皇后の娘、称徳天皇によって創建された西大寺は、創設1250年。

東大寺などと共に 「南都七大寺」 に数えられる名刹です。

西大寺展では、西大寺およびその一門の真言律宗寺院に伝わる、国宝・重要文化財をはじめ優れた仏教美術を紹介しながら、時代のうねりの中で進むべき道を追求した興正菩薩、叡尊の足跡を辿っています。

西大寺は、先に述べました 「称徳天皇」 が 「鎮護国家」 を祈り、実現する為に、天平神護元年(765)に建立しました。

そして鎌倉時代、高僧叡尊が律と密教を組み合わせた 「密・律 兼修」 の道場として入住したお寺です。

この叡尊上人は、荒廃した仏教を再生する為に 「興法利生」 を掲げ、真言密教と戒律をもって佛法の再生に尽力されました。

「興法利生」 とは 「興隆佛法、仏教を盛んにすること」 「利益衆生、民衆を救済すること」 です。

但し、叡尊上人にとって興法と利生は一体であり、戒律を復興し本来の仏教を追求することが、民衆救済に直結すると考えていました。

叡尊一代の行蹟を記した 「西大勅謚興正菩薩行実年譜」には、

生涯に菩薩戒を授けた道俗総数97710人、

講席を啓くこと10721座、

行法を修すること41208座、

殺生禁断とした場所1356所、

寺院新建100余所、

修造590余所、

西大寺に寄附した末寺1500余寺、

とあり、その活躍は誠に驚異的なものです。

叡尊上人90歳の時、自ら禅定に入るが如く遷化(正応3年1290、8月25日)の後、正安2年(1300)7月に、亀山法皇は叡尊上人の高徳を偲んで院宣を下し、五朝の国師として四輩は菩薩と仰いだとその教化を讃美し、興正菩薩の貴号を贈りました。

また後に、伏見天皇も同年閏7月3日に 「勅す、伝灯大法師位叡尊は、一天四海の大導師にして、濁世末代の生身仏なり」 として重ねて興正菩薩の号を贈りました。


今回の 「奈良 西大寺展」 で、叡尊さまの想いに触れたように感じました。

沢山の神仏とのご縁。

沢山の宝珠、舎利とのご縁。

そこに秘められた想い。


「興法利生」


今の時代に必要なメッセージだと思います。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/