FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

「年末先祖供養」 受付中
ブログ近日アップ予定


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

本尊に勤める覚悟

先日、他行を勤めるなら 「一尊百座」 を読んでいただいた方からご質問をいただきました。

本尊さまにはどのぐらい勤めたらよいのでしょうか❓

本来、本尊さまには毎日勤める、行法をしなければなりません。

ですので、どのぐらいという問いには 「一生」 という事になりますとお伝えさせていただきました。

すると今度はどのぐらい拝みましたかと聞かれました。

座数を数えている訳ではありませんが、当院の本尊、お不動さまには少なくとも確実に千座は不動法を修法いたしております。

また、辯天さまにも確実に千座は修法いたしております。

お不動さま、辯天さまの修法は基本毎日です。

一日一座でも約三年で千座。

日々、コツコツと勤めていけばあっという間です。

また、誤解が生じますので付け加えますと、何座拝んだから良いという事ではありません。

本尊と一体となり、三密が成就しなければ、幾ら拝んでも他行を修し、効験を発揮するのは難しいかと思います。

何座ではなく、三密が成就し、本尊と一体になるまでというのが正解だと思います。

自分の心身の状態と関係なく、修法をいつでも成就できるようになって初めて密教僧、阿闍梨のスタートラインです。

天部尊の修法であれば、いつでも金剛薩埵として教令できる事が必要不可欠となります。

しかし、言うのは簡単です。

毎日、コツコツと積み重ねる功徳が、佛になる道、即身成仏へと導いてくれます。

昨日も書きましたが初心を忘れず、勤める事が最も大切な事です。

自分にしっかりと云いきかせ、勤めていきたいと思います。合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/