FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

●三面大黒天秘法   「一時千座秘法」 祈祷受付中
6月24日ブログ参照

●大福徳円満・大開運 「四之甲子三面大黒天護摩祈祷」  受付中
6月23日ブログ参照

●安鎮曼荼羅・不動鎮宅五方之符  受付中
6月25日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

当年星供に護摩なし

「厄除開運祈願 星供養受付中 3月10日迄」

2月14日ブログ参照


昨日はバタバタと奈良へ行ってましたので星供養について書けませんでした💦

今日は星供養の護摩について続きを書きたいと思います。


一昨日、書きました通り、星供養、皆さまの当年星を供養する護摩はありません。

一つ一つの当年星を属星供にて丁重に供養した後、仕上げとして焚く 「北斗護摩」 であれば最高の供養になるでしょう。

これが星供養に 「北斗護摩」 のみでは成り立ちません。

本命星や元辰星を供養するのであれば 「北斗護摩」 です。

何度も書きますが年に従って吉凶不同なのは 「当年星」 であり、 「当年星」 を供養するのが節分の 「星供」 「星祭」 です。 

「本命星供」 をするのであれば、誕生日(旧暦)や生まれの干支で行う。

私はこの 「本命星供」 を、施主の病気平癒や心底からの厄災消除、運気向上、開運を願う時によく修法しています。

少し話が逸れましたが、皆さまには、節分の星供養に 「護摩」 はないということを知っていただきたく思います。

「護摩」 を修するのであれば、あくまでも、コツコツと各属星を供養してきた 「仕上げ」 ということになります。


明日は 「北斗護摩」 について少し書きたいと思います😊


合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/