FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す
「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

8月22日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

屋祓

今日は屋祓です。

朝から支度をし現地へ🚗


fc2blog_20180331232724424.jpg


屋祓は、身禊大祓から始まり大祓詞へ。

その後は密教の作法へと入り、三禮、護身法、洒水、表白。

各読経し、護摩を焚きます🔥🔥🔥

そして諸真言、大般若理趣分の転読などをし、施主さまのお加持と大まかな流れはこんな感じです。

装着後は状況の確認とお供えの準備で1〜2時間ほどかかります。

修法に1時間少々、片付けに1時間少々。

トータルで5、6時間かかります。

そして自坊に帰山後、持っていったものの片付けや清めをいたします。


昨日から書いております 「八字文殊法」 。

状況によってですが、これからは 「八字文殊法」 も屋祓に修法していきたいと思っております。

昨日少し触れましたが、この 「八字文殊法」 には、鎮宅に強く効く 「鎮物」 が聖教に出ております。

この 「鎮物」 を何個か作ってみた感じ、鎮宅にかなりの力を発揮すると観じます。

当然、作っただけでは唯の物です。

「八字文殊法」 を修し、その間の開眼と五鈷杵での加持をしなければいけません。

「八字文殊法」 における 「鎮物」 。

この 「鎮物」 については次に書かせていただきます😊

合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/