寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

鎮守供

毎月22日は鎮守供養です。

何度かブログでお伝えしておりますが当院の鎮守さまは「豊川荼吉尼天」です。

鎮守供養に「荼吉尼天法」、神殿にてご法楽いたします。

東密、真言密教では私が知る範囲(僅かごく一部ですが)では荼吉尼天法は見当たりません。もしかすると立川流の聖教には存在するのかもしれませんが、許可(密教では<こか>と読みます)、一流を相承していない聖教をみることはできません。

流によって、また胎蔵界念誦広次第等には荼吉尼天さまの「印」「真言」が出てきますので修法の際には印を結び真言を唱えます。

台密、天台密教には荼吉尼天法が伝わっているようです。(私は台密については勉強不足で詳しくはわかりません)

私が師より相承しています「荼吉尼天法」は、天台の行者さまからお授かりいただいたものを、自流に引き入れ、整えたものと聞いております。

たまに「荼吉尼天法を用いる行者は死後、自己の肝を荼吉尼天に捧げる事を誓う。その代償とし、どんな望も叶う。」などと言うことを聞きますが、金剛薩埵である阿闍梨が天部の修法をする際、こういった想いが最大の障碍(しょうげ)の原因となります。

天部は即ち「護法善神」です。

金剛薩埵として教令することが阿闍梨の勤めです。

尊格が別格の天部を除き、通常は天部に一般檀信徒の祈願はいたしません。

これは人の欲に触れることで奥底に持つ、天部の悪心を目覚めさせてしまうからです。

あくまでも正き祈りを支えていただくための「佛法興隆」、正き祈りを広める寺門を守っていただくための「寺門繁栄」などを祈ります。

今の時代では「天部」「天」即ち「神」の存在について、正き知識が失われているように感じます。

「神」と「仏」の違いを明確に説明できる方がどれだけいますでしょうか?

「天部」「神」には、権類と実類があり、これを正しく理解できた上で祈る、修法することが大変大切であると考えます。

正き心をもって「天部」「神」に手を合わせたいと思います。合掌

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR