FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

お盆・ご供養の受付中
7月19日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

舎利に感謝✨

先日、また舎利をいただきました。

今度は少し遠方からです。


fc2blog_201809300552452f1.jpg


早朝に開眼供養いたしました😊

元々拝まれていた舎利ですが、こう言ったときには重ねて開眼いたします。

新たな壇でお祀りさせていただきますと言った挨拶も兼ねて。

そしてここに来ていただいた事への感謝の気持ちをお伝えいたします。

合掌


舎利が舎利を呼ぶという伝えは間違いないですね😊

ありがたい事ですが、その分、衆生のために拝み、正しい法の隆昌に勤めなければいけません。

舎利は、お釈迦さまのお身体、魂の一部とでも言いましょうか。

お釈迦さまの思いを受け継ぎ、實證していかなければいけません。

残念ながら今の日本の佛教にその思いは少ないでしょう。

私のような若輩者が言うのも痴がましいですが、葬式で生業を立てることが佛教ではありません。

それは佛教でもお寺でもなく、葬式屋です。

日頃、葬儀に塗れ時々行をし、如何にも修行していますといった風情を作るための佛教や密教ではありません。

お墓やお骨に縛られることなく、本意の供養を続ける。

過疎化が進み、お墓や佛壇で悩まれている方のご相談をよく受けますが、何も悩むことはありません。

他へ目を向ければ沢山の答えがあります。

物事に縛られず、概念から解き放たれた時、心がフッと楽になります。


舎利が伝えてくれることは、お釈迦さまの教え。

感謝です。


合掌



Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/