FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

●三面大黒天秘法   「一時千座秘法」 祈祷受付中
6月24日ブログ参照

●大福徳円満・大開運 「四之甲子三面大黒天護摩祈祷」  受付中
6月23日ブログ参照

●安鎮曼荼羅・不動鎮宅五方之符  受付中
6月25日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

日々の積み重ね

先日、良い護摩はどうしたら焚けるのか❓

と言うご質問を行者さまからいただきました。

良い護摩とは何か❓

願いがよく叶う護摩なのか、供養がよく行き届く護摩なのか❓

修法する本尊の供養が成就する護摩。

これが良い護摩なのかとは、私は思います。

あくまでも私的な思いということを付け加えておきます。

お招きした本尊の供養が成就すること、これが祈願や供養の成就です。

毎日、護摩を焚ける環境でない場合は日々、どんな行に励んだら良いのか。

護摩供は、諸尊法に付く修法です。

供養法なしの護摩供はありません。

諸尊法がなければ焚き火同様です。

ですので基本となる諸尊法をまず、しっかりと重ねて修行することが大切です。

不動護摩を焚くのであれば不動法を、正観音護摩を焚くのであれば正観音法をしっかりと日々修法する。

これが私の思う良い護摩に繋がっていくかと思います。

縁日に護摩を焚かれる寺院は多くあります。

只、縁日のみに焚く護摩では意味がなくはないですが、良い護摩とは言い難いのが正直なところ。

その護摩に向かって日頃から供養法、諸尊法を重ねて修法し、その功徳をもって護摩を焚く。

これは素晴らしい護摩かと思います。

また、日頃から如法に護摩供を修していれば、縁日や祈祷の際に方便にて、入護摩から修法したり、一段護摩や略護摩でも十分にその功徳をいただける、良い護摩が焚けると思います。

その他、神供のことや修法のこと、観念をより成就させるための瞑想行。

掘り下げていけば、した方がよい、しなければならないことは山の様にあります。

日々の積み重ね、これが良い結果に繋がっていくかと思います。

合掌



Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/