FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

「吒枳尼天頓成悉地法」受付中
5月12・13日ブログ参照

「開運厄徐祈願・星供養」受付中
4月1日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

荼吉尼天法

毎月22日は当院鎮守さまであります「荼吉尼天」さまのご供養をいたしております。

神前において祝詞、御法楽、修法壇において「荼吉尼天法」を修します。

毎月この形をとっていますが、神前にて一面器を荘厳し、神明法楽のために「心経法」を修することもあります。

天部尊は解脱していないため、「空理」を説くことを大変喜ばれます。

「解脱」には様々な説がありますが一言で極端に平たく言うのであれば「悟る」ということです。

「空理」とはこちらも極端に簡単に言いますと「 万物はすべて仮のもので,実体をもたないとする教理」。

天部尊、神といった存在に対し、よく理解し接すること、ご供養することが天部尊の修法には欠かせません。

また我々「阿闍梨」は一度登壇すれば「金剛薩埵」です。

「金剛薩埵」として「天部尊」を教令しなければいけません。

このことを忘れ、人として「天部尊」と接することが一番の障碍(密教ではしょうげと読みます)の原因です。

敢えて「金剛薩埵」として言わせていただきますと、「荼吉尼天」や「聖天」によく言われるような障碍は、欲々しい思いで接するからこそ、「護法善神」であるはずの「天部尊」の心の奥底に眠る、「解脱」ができてないからこそ持つ部分に触れてしまうから起きるのです。

そういった部分に触れることなく、「護法善神」としての働きを祈ることは何の問題もありません。

多くの「阿闍梨さま」が「金剛薩埵」として「天部尊」を教令することは国の安泰には必要不可欠です。

法を守り、正しい法を正しく伝える、そして縁の下の力持ち、これが護法善神としての役割です。合掌