FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す
「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

8月22日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

妄執を焼き尽くす

日々の自行の一つに内護摩という作法があります。

実際に火を焚く護摩を事護摩、外護摩といいます。

それに対して観念で修する護摩を内護摩、理護摩といいます。

外護摩でも護摩に入る時に観念する三密観等は内護摩です。

この三密観は書けば僅か数行ですが、外護摩ではこれが最も大切であり、大変難しいと伝授の際、大阿さまから学んでおります。

先日書きました添田先生の護摩法解説には、

「火を入れる事護摩を焚かなくても、三密観をしっかり修しておればよろしい。

そうすれば毎日何回でも、またどこでも護摩を修することができます。」

また、

「修行の程度によりますが、事護摩を修しているということは、修行の段階としてはまだまだ未達だということになりましょう。」

と、書かれております。

この内護摩には、先徳の多くの次第が残されております。

そういった中で普段作法しておりますのは、三宝院権僧正勝覚師伝に依て製作のものを修法いたしております。

これは三憲聖教の作法集に出ています。


fc2blog_20181107210232b3c.jpg


内護摩は自行の為であり、人の為には修せざりと口訣にあります。

「自性の三十七尊、南方宝生の三摩地に入り、不二の智火を以て而二の妄執を焼き、一心の体性を顕現する」

此れを内護摩と云います。

内護摩は、瑜祇経の内護摩品を意としています。

次第は大変短く、作法自体は容易ですが、その内容は大変奥が深い。

字を読み作法だけしても何の意味もありません。

妄執、迷いの心、深く執着する思いを焼き尽くせるよう、内護摩の修行を重ねたいと思います。

合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/