FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

「年末先祖供養」 受付中
ブログ近日アップ予定


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

授かることがスタート

本日は初巳、そして初吉祥天です。

辯天さま、吉祥天さま、どちらも当院では最も大切な神佛です。

年頭の挨拶と初祈願、丁重にさせていただきました。

合掌


昨日書きました烏蒭沙摩明王。

この呼称は様々あり、流によっても違いがあります。

ウスシマ、ウシュシマ、私が主流としています三宝院流ではウスサマと学んでおります。

また、多種の密号があります。

摂無礙経には、穢積金剛。

秘蔵記には、穢跡金剛。

大疏第九並び底哩三昧耶経巻上には、受触金剛。

大疏第九にはまた、不浄金剛。

陀羅尼集経巻九には、火頭金剛、不浄潔金剛。

蕤呬耶経には、不浄忿怒。

大疏第九並び底哩経巻上には、烏蒭沙摩を不動の所変とし、

烏枢沙摩明王経には、金剛薩埵の所変、

不空訳の烏蒭渋摩軌には、普賢の所変としています。

金剛夜叉を烏蒭沙摩とするのは、瑜祇経、金剛焔口品の意によって烏蒭沙摩を金剛夜叉と同体としているからです。

三井流では、この法を大法に行じるが、東寺では大法には行じないと学んでおります。


密教の行法は、ただ次第を行じるのは簡単です。

しかし、それでは効験を得ることはできません。

その尊のことを知ることが最も大切です。


密教の行法を修するということは、我が身、その尊と一体となります。

修法する尊のことを知らず一体になれるでしょうか❓

聖教や口訣、儀軌を学ばずして行法の成就はあり得ません。

次第の伝授を授かることがスタート。

そこからどれだけ学び、どれだけ行じるか。

その結果が効験として現れます。

合掌


Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/