FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

●三面大黒天秘法   「一時千座秘法」 祈祷受付中
6月24日ブログ参照

●大福徳円満・大開運 「四之甲子三面大黒天護摩祈祷」  受付中
6月23日ブログ参照

●安鎮曼荼羅・不動鎮宅五方之符  受付中
6月25日ブログ参照


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

遺品整理

当院では月に多いときは約10件ほどのご依頼を受け、一軒家やマンション、店舗、会社などのお祓い、「家祓い」に行かせていただいております。

そういった中、最近これまでの「家祓い」とは違ったご依頼が多くなってきました。

どういったご依頼かと言うと「遺品」のお祓いのご依頼です。

先日も「遺品」のお祓いに行って来ました。

ご依頼は檀信徒様のご紹介がほとんどで、今回もそうでした。

出先で施主様が一度、遺品整理業者さんのご紹介で来ていただいたお坊様にお祓いをしていただいたんですが、どうも気になる様でもう一度しっかりとしてほしいとのことで出向かせていただきました。

私はいつも通り準備をして施主様同席のもと修法し、終えました。

最後に施主様から「凄くスッキリした、残っていたものが綺麗に成仏しました」とお声をいただき、互いに手を合わせお礼を述べて帰山いたしました。

見えないものに携わるということは命がけです。

一座、一座を真剣に、命がけで拝んでいます。

昔よく、修行に励まれた行者さまが見えないものに携わるということは気を抜けば一瞬にしてこちらの命を持っていかれると仰っていたのをよく覚えています。

地鎮祭なども施工業者さんのご紹介でしていただいたがやり直ししてほしいとのご依頼も度々受けます。

現代社会において神官や僧侶が見えない力に対しての意識が少しずつ薄れていっているように感じることに大変悲しく思います。

見えないものに携わる者として、僧侶として、神仏双方に携わる阿闍梨として、真剣に向き合っていきたいと心に刻み、手を合わせたいと思います。合掌