FC2ブログ

寺報掲示板

「辯才天秘法加持福銀銭授与」

 毎月「巳の日」に「福銀銭」をお加持し、ご縁あります皆さまに授与いたしております。

「秘法加持」によって「福徳円満」「商売繁盛」「金運招福」の力に満ちた「福銀銭」と生まれ変わります。

「福銀銭」は、ご縁あります皆さま誰にでも授与いたしております。

 詳しくは、画面右上にあります「ブログ内検索」で「福銀銭」と検索ください。

佛前に円鏡

毎月18日は観音さまのご縁日。


201908052353242dc.jpeg


当院の回向の壇の本尊は正観音さま。

8月はお盆の供養。

9月はお彼岸の供養と回向の壇で修法することが何かと多くあります。


時々何故佛前にご神鏡を祀っているかを聞かれることがあります。

古いお寺を参拝の際、よく観ていただくと、意外と佛前に鏡は祀られています。

聖天さまなど天部尊の御前ではとくにです。


日本書紀には、天照大神が孫の瓊瓊杵尊に鏡を私の御魂とし奉りなさいと記されています。

これは鏡に反射する光が太陽そのものとし

「鏡 = 太陽」

「太陽 = 天照大神」 

としているからです。

また、中国では紀元前から祀られ、その歴史は日本よりも古くからあります。


お寺で祀られる意義は、浅くには

夜叉、あるいは妖魅悪獣を退ける、結界のためです。

観音信仰に限っては、深秘の説が瑜祇経に記されています。


秘説ですので詳しくは書きませんが、上記のことから私はとくに観音さまの御前には円鏡を祀っております。

観音の修法を突き詰めていくとこの事柄には繋がっていきます。


私たちを様々な形で救ってくれる観音さま。

ご縁日でけでなく、日頃からしっかり修法したいと思います。


合掌



Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

納経

当院のようなところにもひと月に二、三度ですが納経していただくことがあります。


20190818171126695.jpeg


本日もご納経いただきました。

納経いただいた際には必ず、施主さまと一座、略すことなく本尊さまの行法を修法し、いただきました写経にて本尊さまをご供養いたします。


20190430111353d1c.jpeg


そして家内安全を祈ります。


ここ近年、流行りなのか様々な納経帳をみかけます。

納経帳は、社寺へお経を納めた印をいただくためのものです。

スタンプラリーのように集めていては何のご利益もありません😓


お経は、写経や読経にて納めます。

そうすることによって神佛とご縁が結ばれます。

その印が納経帳です。


意味を知ってするのと知らずにするのでは得られるものは全く異なります。

全国各地の巡礼。

せっかくのお参りです。

皆さまが深くご縁をいただけますこと心よりお祈りいたします。


合掌



Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

時間軸

昨日の夜、自坊へ帰山。

まずは荷物の片付け。

少し疲れはありますが、しっかり時間軸を元に戻します😅


棚経中、事相に詳しい方とご一緒できたので色々聞かせていただき、勉強させていただきました。

その方は天部にも精通していまして、荼吉尼天のお話も聞くことができました。

何本か手元にあります荼吉尼天法。

少し手入れをし、整えたいと思います。


ここのところ夢にもよく示現いたします荼吉尼天。

これまでは鎮守供養として拝んできましたが、もう一歩踏み込んで修法してみようかと思います。

儀軌がない分、手はつけ難い修法ですが、その分、多くの先師さまが底本となります次第や資料を残してくれています。

幸いにも幾つかの法を相伝いただいておりますので、先師さまたちが残してくれていますものを崩さず、後に伝えられるような形のものを整えられたらと思っております。


台密では普通に修法されていると聞きますが、東密では中々聞くことがない荼吉尼天法。

荼吉尼天という天尊が禍々しいものでなく、護法善神とし、手が合わせられます事を心より祈ります。


合掌



Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

無事帰山

今日で棚経のお手伝いも終わりです。

この辺りは台風の影響も少なく、無事、お参りを終えることができました。

只、帰路の風と雨は凄かったです😓


帰り道、いつも大変お世話になっておりますお寺さまへお参りさせていただきました。


20190818120139c86.jpeg


奇跡的にこの間だけは、雨も風も止んでおり、心落ち着かせお参りできました😊

いつも拝んでらっしゃいますご住職さまのお陰ですね✨


超強風に豪雨の中、お参りの功徳か何事もなく、順調に自坊に帰山できました。


先月から出ることが多かったので、明日からはしっかりと自坊で神佛に勤めたいと思います。

そして久しぶりに 「荼吉尼天法」 修法のため準備を整えたいと思います。


合掌



Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/

三界萬霊

供養の時、必ず掲げる位牌。

「三界萬霊」


201908052353242dc.jpeg


「三界」 とは

無色界、色界、欲界をいいます。

各界は、細かな階層に分かれており、人間界を含め六道は 「欲界」 に属します。

その上にあるのが 「色界」 。

ここは、淫欲と食欲を離れた世界。

欲望は盛んでなく、天界の一部はここに属します。

そしてその上にあるのが 「無色界」 。

物質の存在が全くなく、受、想、行、識の心の働きだけからなる世界。

「無色界」 の最高峰を 「非想非非想処天」 「色究竟天」 「有頂天」 と云います。


そしてこの三界を超越した世界が佛界となります。

また 「三界」 を、過去、現世、未来を示すこともあります。


「一切全ての精霊を供養する」


それが 「三界萬霊」 の供養です。


合掌



Facebookページ http://facebook.com/renryuin/

Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/
プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR