FC2ブログ

プロフィール

桶狭間辯才天 蓮龍院

Author:桶狭間辯才天 蓮龍院
真言宗僧侶(阿闍梨)
自房(お寺)の活動、行者の気侭な日記、密教の修法についてなどブログに載せていきます。

最新コメント

カレンダー

10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寺報掲示板

「年末先祖供養」 受付中
ブログ近日アップ予定


各種申込
メールアドレス support@renryuin.jp ← クリック
- コメント

閻魔天曼荼羅

大福徳円満・大開運 「納甲子三面大黒天護摩祈祷」  受付中

10月29日ブログ参照


「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照
受付延長11月21日迄


閻魔天曼荼羅


2021110813452839d.jpeg


閻魔天供の壇上は、リアル閻魔天曼荼羅です。

曼荼羅には、閻魔天を始め左右に后妃。

太山府君、五道大臣、司命、司録、荼枳尼、庶文荼、成就山、毘那夜迦が描かれます。

これを壇上に配置し、勧請。

そして供養いたします。

とても観を成しやすい修法です。


天部尊は基本、死を忌み嫌います。

只、冥官冥衆は例外と考えます。


死を司る冥官冥衆が死を忌み嫌っていては役割を果たせません。

この他、天部尊は酸味を嫌いますが、これも例外があります。


修法を成就するには、一尊一尊の事をよく知ることが欠かせません。

「相手をよく知る」

神佛を招いて供養するということは、俗世界で言う接待と同じ。

相手のことをよく知ることが大切です。


そして何より謙虚な姿勢で誠実な心で接し、敬意を持って接する。

如何なる時も、この事を忘れてはいけません。


神佛であっても人であっても、動物であっても命あるもの全てに対し、それは同じです。


合掌


人の定めから必要ないものを消し、得たいものを足す 「冥府への祈祷 ・ 閻魔天供」 受付中

10月12日ブログ参照
受付延長11月21日迄



Facebookページ http://facebook.com/renryuin/


Twitter http://twitter.com/renryuin/

インスタ http://instagram.com/renryuin/